Ferrari

/ News

  • フェラーリ

フェラーリ、ヘレスで手抜き?

Me
2014年2月14日 « 今のF1は喫煙者でも乗れるとビルヌーブ | 慌ててはいないとルノー »
ヘレスではフルスピードを出していなかったことをフェラーリは認めているという © Sutton Images
拡大

フェラーリはヘレスで周りを欺いていたのだろうか?

冬のオープニングテストのデータを分析した結果、トップスピードの上位5台はいずれもメルセデスエンジン搭載のマシンだったとドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』が報じている。

最速だったのは今年からメルセデスエンジンに変更したウィリアムズのフェリペ・マッサで、フロントストレートで時速286km、コースの最速パートで時速307kmを記録している。

対照的にフェラーリエンジンのマシンでは、最も速いキミ・ライコネンのF14 Tでもストレートで時速268km、トップスピードで時速289kmだった。メルセデス勢と比べれば明らかに遅い。

フェラーリは、まだ新しく精巧なV6パワーユニットのフルパワーを出していなかったことを認めているとミハエル・シュミット通信員は述べた。

一方、メルセデスはそうした小細工をしていないとニキ・ラウダが主張している。

「われわれは限界まで力を出し切った。故意に遅く走っても何の意味もないからだ。(そこからは)何も学べない」とメルセデスチームの会長は述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.