Ferrari

/ News

  • フェラーリ

フェラーリの新コンビ起用を擁護するエクレストン

Jim
2014年1月3日 « シューマッハの昏睡は数週間から数カ月続く可能性も | 45歳の誕生日を迎えたシューマッハ »
2014年にフェラーリ復帰するライコネン © Ferrari
拡大
関連リンク

バーニー・エクレストンは物議を醸すフェラーリの新ドライバーランアップを擁護している。

明白な"ナンバー1"待遇を望むフェルナンド・アロンソと、フェラーリと共に2007年の世界タイトルを獲得したキミ・ライコネンを組ませるのは大胆な賭けだと指摘する声が聞かれており、フェラーリ社長のルカ・ディ・モンテゼモーロさえも「危険になり得る」と認めているほど。

ただ、モンテゼモーロは「私は1970年代の初旬からここで過ごしている。F1ではこういったリスクとうまく付き合っていかなければならないのだ」と語った。

F1最高権威のエクレストンは基本的にF1のトップドライバーがそれぞれ別の競争力の高いチームにバラけることを好むが、F1で最も有名なチームでもあるフェラーリでアロンソとライコネンが対決するのは「おもしろい」と考えているようだ。

イタリアの『La Gazzetta dello Sport(ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト)』に「私はフェラーリが2013年のタイトルを勝ち取ると思っていた。彼らになぜ競争力がなかったのか説明できない。ともかくもアロンソはよくやったと思う」と語ったエクレストン。

また、アロンソが昨シーズン半ばにフェラーリを批判したことは正しかったかと聞かれたエクレストンは「イエス」と答えたものの、結果的にこの批判でアロンソは叱責を受けており、アロンソがチームメイトに希望していたフェリペ・マッサに代えて2014年のドライバーにライコネンを起用したフェラーリの決断はアロンソ離れの一環だと見る者もいる。

それでもエクレストンは「騒ぎは落ち着いた。2014年は違うフェラーリを目にするだろう。アロンソとライコネンのコンビはエンツォ・フェラーリが見たがったであろう傑作の組み合わせだ。彼ら2人ならおもしろくなるだろう。キミが2013年と同じように走れればアロンソの刺激になるはずだ。ただ、何よりもフェラーリに必要なのは優れたマシン。それがなければ話にならない」と続けた。

エクレストンは新たに導入されるV6エンジンに長けたチームが2014年のタイトルを勝ち取るだろうと予想しつつも、それと同時に「運」も大きな役割を果たすと考えているようだ。

「ベストドライバーがタイトルを勝ち取るという保証は一切ない。タイトルはきっと一番の幸運者に渡るだろう。現時点で私の中に優勝候補となる者はいない」

© ESPN Sports Media Ltd.