Ferrari

/ News

  • フェラーリ

負傷のアロンソ、オースティンに参戦

M.S.
2013年11月12日 « ライコネンの代役にコバライネンを推すサロ | ウィリアムズ、マッサ加入に続いてさらなる発表の用意 »
オースティンへ向けて旅立つアロンソ © Getty Images
拡大
関連リンク

フェルナンド・アロンソとフェラーリは今週末のUS GPにアロンソが参戦できないのではないかとの推測に終止符を打った。

アブダビGPでジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)と競り合った際に縁石に乗り上げて強い衝撃を受けた結果、アロンソは背中の痛みと戦っていると報じられていた。

フェラーリが負傷した"ナンバー1"の穴を埋めるべくジュール・ビアンキ(マルシャ)やペドロ・デ・ラ・ロサ(フェラーリリザーブドライバー)を代役に立てるとのうわさもあった。

しかし、アロンソは11日(月)の遅くに『Twitter(ツイッター)』と『Facebook(フェイスブック)』を利用するファンたちに対し、テキサスに向かう飛行機に乗り込むと伝えている。

アロンソは母国スペインから「オースティンに向けて荷造りしている」とつづった。

「まだいくらか痛むけれど、チームを助けたいし、その自信もある。いつも通り100%で頑張るよ!」

このニュースを歓迎するフェラーリは公式サイトの記事にてアロンソによるチームへの貢献を疑う人々は"再考すべし"と記している。

フェラーリはアロンソがアブダビで"圧迫損傷"を負ったと認めており、今週末のオースティンでは"パーフェクトの調子"ではないとした。

フェラーリ社長のルカ・ディ・モンテゼモーロは「フェルナンドがベストのときではなくても全力を尽くそうとしているのがうれしい」と語り、こう続けている。

「彼がいかにわれわれに帰属するかを示しており、私は彼の模範が今季をできる限り再考の形で締めくくるためのチーム全体にとってのさらなる後押しになると確信している」

© ESPN Sports Media Ltd.