Ferrari

/ News

  • フェリペ・マッサ

マッサとマルドナド、カナダに支障なし

Me
2013年5月31日 « F1は政治まみれとカストロネベス | フェルナンデスを訴えるとトゥルーリ »
クラッシュ後、マッサは首を押さえてしばらく顔をしかめていた © Sutton Images
拡大

来週末のカナダで問題なくマシンに乗れるとフェリペ・マッサがファンを安心させた。

先週末、モナコの1コーナーで2度のハイスピードクラッシュを起こしたマッサは検査を受けに病院へ行く前、コースサイドで首にカラーを巻いて座り込んでいた。

フェラーリのステファノ・ドメニカリ代表は今週初めに「フェリペは大丈夫」と述べた。

「(クラッシュの)影響は筋肉痛程度だ」

事実、マッサは30日(木)に自宅でトレーニング中の画像をツイートし、こうつぶやいている。「頑張ってるよ。レースへの自信は100%」

ウィリアムズのパストール・マルドナドもモナコGPでマックス・チルトンと激しくクラッシュし、ソフトバリアをコースに押し出して赤旗を出した。

「体はまだ痛む」と彼は『Racer's Edge(レーサーズ・エッジ)』に述べた。「でも問題ない」

「無事だと分かった時点で僕はもうモントリオールのことを考えていたよ」

© ESPN Sports Media Ltd.