Ferrari

/ News

  • フェルナンド・アロンソ

勝利の可能性低いとアロンソ

Me
2013年5月26日 « 5番手がベストとライコネン | タイム差に驚くウェバー »
今シーズンの予選ワーストの6番手に終わったアロンソ © Sutton Images
拡大

予選で6番手がやっとだったフェラーリがモナコGPで勝利に挑む可能性は"非常に低い"とフェルナンド・アロンソが語った。

モンテカルロの先頭2列はメルセデスとレッドブルが独占し、アロンソはタイトル争いのライバルであるキミ・ライコネンと3列目に並ぶ。予選最速のニコ・ロズベルグに1秒の差をつけられたアロンソは、フェラーリの予選が失敗だったと認めた。日曜日のレースで同じことは繰り返せない。

「自分たちのパフォーマンスに完全に満足はできない」とアロンソは述べた。「今日は予選でもフリー走行でも競争力が十分じゃなかった。勝利のチャンス・・・もちろんF1では不可能はないけど、6番手スタートの僕らがモナコで優勝争いする可能性はほとんどない」

「やってみるしかない。GP2のスタートを見たよ。ここではどのラップでセーフティカーが出てもおかしくないし、いろいろな間違いが起こり得る。今日と同じさ。難しい予選で、どのタイヤを履くべきかの判断がとても難しかった。メルセデス、ロータス、レッドブル、マクラーレン、フェラーリ――僕らにも競争力があった。今週末すごく好調だったフォース・インディアのディ・レスタがQ1で消えたし、同じく好調のグロージャンもQ2で消えた。今日はいろいろな間違いが起こり得たんだ」

「明日をうまくやれる可能性はあまりない。戦略もペースも僕らにはどうにもできないからね。でも過ちを犯す可能性は高いから、それは全部防がないと」

フェラーリが予選でこれほど大きく遅れてしまった理由は、はっきり分からないとアロンソは付け加えた。

「もっとよく理解しなければいけない。木曜日は最速ではなかったけど、今日ほど悪くなかったんだ。もう少しコンペティティブだった。でも今日は不利になってしまった。気温か何か、分からないけどコンペティティブじゃないと感じた。今朝は違うセットアップを使っていたから、疑いを取り除くためにも予選では木曜日のセットアップに戻したんだ。それでもまだあまりコンペティティブじゃなかったから、なぜなのか解明しないと」

「バルセロナでは2台でポディウムに上がったのに、今朝はフェリペ(マッサ)の問題が起きる前の時点で9番手、11番手だった。僕らのベストの状態じゃなかったのは明らかだ」

© ESPN Sports Media Ltd.