Ferrari

/ News

  • フェラーリ

勝利は可能だったとドメニカリ

M.S.
2013年4月23日 « グロージャンの復調を喜ぶブーリエ | 大幅な変更を期待するなとピレリ »
DRSなしのラップタイムも強力だったフェラーリ © Getty Images
拡大
関連リンク

フェラーリチーム代表のステファノ・ドメニカリはバーレーンGPでフェルナンド・アロンソにDRSのトラブルが発生しなければ優勝できたはずだと考えている。

DRSの不具合で序盤10周のうちに2回のピットストップを強いられたアロンソは、オーバーテイクの補助装置なしでレースを走りきって8位フィニッシュを果たした。セバスチャン・ベッテル(レッドブル)はアロンソが問題に悩まされる前からすでに悠々とリードを築いており、レースを完全にコントロールした末に勝利を決めている。しかし、ドメニカリはDRSなしのアロンソのペースが勝利も可能だったことを示していると言う。

「率直に言ってセバスチャンはとても優れたレースをしたが、彼は単独で走っていたし、ペースをコントロールすることができた。こういった状況のときにはタイヤをベストな方法で管理できるし、前戦では自分たちがそうだった。正直なところフェルナンドはかなりいいレースができたはずだと思っている。言葉でそう言うのは簡単だからわれわれが勝利できたとは言いたくないが、理論的に言えば可能だったと思う。少なくともDRSがない状態でのラップタイムを見れば、それは明らかだ」

アロンソがマレーシアでクラッシュしてから2戦目でまたしてもポイントを失ってしまったフェラーリだが、ドメニカリはドライバーズチャンピオンシップにおける序盤のギャップを懸念していないという。

「(ギャップは)30ポイント。次が0ポイントでわれわれが勝利すれば、差は5ポイントになる。したがって、非常に簡単なことだ。まだ4レースしか終わっておらず、時間は十分にある。昨年は50ポイントのギャップがあったことを忘れてはいけない。楽なものだ」

ドメニカリはフェラーリが不運だったというアロンソに賛意を示す一方、チームがポジティブな姿勢を保ってすぐに幸運が戻ってくることを願っている。

「残念だったが、今は頭を上げ、あまり泣くときではない。マイナス面で最も大きな要素は、正直なところ真のパフォーマンスを考慮すれば取れていたはずのポイントを下回っていること。われわれは常に表彰台に上れたはずだし、勝利を追加できていたかもしれないが、状況は状況だ。だからこそ頭を上げて前を見据え、このバーレーンでの不運を反転させなければならない。ポジティブな点が戻ってくると信じているし、われわれに起きたネガティブな要素はすぐにライバルたちにも影響するだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.