News List

/ ニコ・ヒュルケンベルグ

  • シンガポールGP - ルノー - 決勝
  • パーマーが初ポイント獲得
  • 2017年9月18日: シーズン第14戦シンガポールGP決勝レースが行われた17日(日)、ルノーのジョリオン・パーマーが6位入賞を果たした一方、一時2番手を走るシーンもあったニコ・ヒュルケンベルグはマシントラブルでリタイアを強いられた。

  • シンガポールGP - ルノー - 予選
  • マクラーレンとのバトルに勝ったヒュルケンベルグ
  • 2017年9月17日: 16日(土)、シーズン第14戦シンガポールGP予選に挑んだルノーのニコ・ヒュルケンベルグは7番手に食い込み、ジョリオン・パーマーは11番手で惜しくもQ2敗退を喫した。

  • シンガポールGP - ルノー - 初日
  • 好スタートに満足するヒュルケンベルグ
  • 2017年9月16日: 15日(金)、シーズン第14戦シンガポールGP初日2回目のフリー走行でルノーのニコ・ヒュルケンベルグが5番手に食い込んだ一方、ジョリオン・パーマーは14番手にとどまった。

  • イタリアGP - ルノー - 決勝
  • ペースが足りず入賞を逃したルノー
  • 2017年9月4日: 3日(日)、シーズン第13戦イタリアGP決勝レースに挑んだルノーはニコ・ヒュルケンベルグが13位完走、ジョリオン・パーマーはリタイアを喫した。

  • イタリアGP - ルノー - 予選
  • ルノー、インターミディエイトに苦戦
  • 2017年9月3日: 2日(土)、雨に見舞われたシーズン第13戦イタリアGP予選でルノーのニコ・ヒュルケンベルグは12番手、ジョリオン・パーマーはQ1敗退を喫して17番手だった。

  • イタリアGP - ルノー - 初日
  • ヒュルケンベルグの問題はハイドロリック系
  • 2017年9月2日: 1日(金)、シーズン第13戦イタリアGP初日に実施されたフリー走行2回目、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグはトラブルを抱えながらも12番手、ジョリオン・パーマーは13番手のタイムを残した。

  • ベルギーGP - ルノー - 決勝
  • ライバルとの競争を楽しんだヒュルケンベルグ
  • 2017年8月28日: 27日(日)に開催されたシーズン第12戦ベルギーGP決勝レースでルノーのニコ・ヒュルケンベルグは6位入賞を果たし、ジョリオン・パーマーは13位だった。

  • ベルギーGP - ルノー - 予選
  • 4番手チームの座に名乗りを上げたルノー
  • 2017年8月27日: シーズン第12戦ベルギーGP予選が行われた26日(土)、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは7番手に食い込んだが、ジョリオン・パーマーはトラブルでタイムを残せなかった。

  • ベルギーGP - ルノー - 初日
  • ポジティブな初日を過ごしたルノー
  • 2017年8月26日: シーズン第12戦ベルギーGPが幕を開けた25日(金)、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグとジョリオン・パーマーは2回目のフリー走行でそれぞれ7番手と10番手につけた。

  • ルノー・スポールF1チーム
  • 残留の可否はパーマーの復調次第だとアビテブール
  • 2017年8月12日: ジョリオン・パーマーがシーズン後半でここまでの不振から立ち直ることができれば、ルノーは2018年も彼を残留させることにオープンな考えだとシリル・アビテブールが語っている。

  • ハンガリーGP
  • ヒュルケンベルグは「大人げない」とシュタイナー
  • 2017年7月31日: ハースF1代表のギュンサー・シュタイナーはハンガリーGP決勝レース終盤に発生したインシデントに関して、ケビン・マグヌッセンにより厳しいペナルティを科すよう求めたルノーのニコ・ヒュルケンベルグを非難した。

  • ハンガリーGP - ルノー - 決勝
  • がっかりのレースに肩を落とすヒュルケンベルグ
  • 2017年7月31日: シーズン第11戦ハンガリーGP決勝レースに挑んだルノーは30日(日)、ジョリオン・パーマーが13位完走を果たした一方、ニコ・ヒュルケンベルグはトラブルでリタイアを余儀なくされた。

  • ハンガリーGP - ルノー - 予選
  • 一貫したペースを示すヒュルケンベルグ
  • 2017年7月30日: シーズン第11戦ハンガリーGP予選が行われた29日(土)、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが7番手に食い込み、ジョリオン・パーマーは惜しくも11番手でQ3進出を逃した。

  • ハンガリーGP - ルノー - 初日
  • ポテンシャルを確信するルノー
  • 2017年7月29日: シーズン第11戦ハンガリーGPが開幕した28日(金)、初日に実施された2回目のフリー走行でルノーのニコ・ヒュルケンベルグが7番手に入るも、クラッシュを喫したジョリオン・パーマーは16番手だった。

  • ルノー・スポールF1チーム
  • ルノー、「どうしても必要」なダブル入賞
  • 2017年7月26日: 今週末のハンガリーGPでダブルポイントフィニッシュを達成することが、ルノー・スポールF1チームの2017年の目標達成に向けて"不可欠"だとシリル・アビテブールが述べている。

Top of the Page上へ