News List

/ バクー市街地サーキット

  • マックス・フェルスタッペン
  • ベッテルの批判に「本気?」とフェルスタッペン
  • 2017年7月21日: 自身のドライビングに対するセバスチャン・ベッテルの批判にマックス・フェルスタッペンは首をかしげ、物議を醸した4度のワールドチャンピオンの最近の振る舞いを見ると、とても本気とは思えないと述べた。

  • メルセデス
  • イギリスでは「不備のない」レースを誓うメルセデス
  • 2017年7月13日: マシンに起きた問題によってルイス・ハミルトンの可能性を摘んでしまったと振り返るクリスチャン・トト・ウォルフは、チームのいつもの"高水準"なパフォーマンスと信頼性を取り戻すと意気込んでいる。

  • エステバン・オコン
  • チームは50/50で納得しているとオコン
  • 2017年7月7日: フェアなレースの仕方を学ぶべきとのセルジオ・ペレスの忠告に、チームはバクーでのクラッシュについて両方のドライバーに責任があると考えているとエステバン・オコンが反論した。

  • ルイス・ハミルトン
  • ハミルトン、トッドに説明を求める
  • 2017年7月7日: アゼルバイジャンGPの一件でセバスチャン・ベッテルにさらなる処罰を与えないことを決めたFIAの判断について、ルイス・ハミルトンは会長のジャン・トッドが公の場に出て説明すべきだと述べた。

  • セバスチャン・ベッテル
  • 感情のコントロールは問題ないとベッテル
  • 2017年7月7日: アゼルバイジャンGPでのルイス・ハミルトンとの接触について記者団から厳しい質問を浴びせられたセバスチャン・ベッテルだが、怒りのコントロールには問題ないと主張した。

  • ハースF1チーム
  • ブレーキへの適応力はマグヌッセンの方が上
  • 2017年7月5日: ハースF1チームのギュンサー・シュタイナー代表によると、チームが抱えるブレーキ問題への対処に関しては、ロマン・グロージャンよりもケビン・マグヌッセンの方が優れているという。

  • フェルナンド・アロンソ
  • Hondaのアップグレードで「明るい見通し」を得るアロンソ
  • 2017年7月5日: ホンダエンジンのアップグレードにフェルナンド・アロンソは"明るい見通し"を得ているといい、マクラーレンはオーストリアGPで力強いパフォーマンスを見せることができるはずだと考えている。

  • セバスチャン・ベッテル
  • ベッテルがFIAに謝罪、制裁は免れる
  • 2017年7月4日: ルイス・ハミルトンとの接触について責任を認め、FIAに謝罪したセバスチャン・ベッテルにさらなる処分が言い渡されることはなかった。

  • アゼルバイジャンGP
  • ベッテルにさらなる制裁の可能性
  • 2017年6月29日: FIAはさらなる措置を取るべきかを判断するため、アゼルバイジャンGP決勝で発生したセバスチャン・ベッテルとルイス・ハミルトンの接触について調査を行なう。

  • レディオ・ガガ - アゼルバイジャンGP
  • 「ステアリングをよこせ! 早く!!」
  • 2017年6月28日: セバスチャン・ベッテルとルイス・ハミルトンの仲が険悪になったアゼルバイジャンGPから『ESPN』が無線コメントの傑作集をお届けしよう。

  • メルセデス
  • 元々長続きするはずのない友情だったとウォルフ
  • 2017年6月28日: ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルのライバル関係がどこかで沸点を超えてしまうのは避けられないことだったとメルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフは考えている。

  • アゼルバイジャンGP - ペナルティ
  • レース中断時はファストレーンから動くべからず
  • 2017年6月28日: レースが中断された際にマシン修復を終えてコース復帰を果たしたキミ・ライコネンとセルジオ・ペレスだったが、そこには思わぬ落とし穴があった。

Top of the Page上へ