News List

/ オーストリアGP 2016

  • オーストリアGP - パワーユニット
  • ハミルトンに忍び寄るグリッド降格の危機
  • 2016年7月6日: シーズ第9戦オーストリアGPでは現在ランキング2位につけているメルセデスのルイス・ハミルトンがターボチャージャーとMGU-Hを5基目にした。

  • レディオ・ガガ - オーストリアGP
  • 「クラッシュしたのは僕じゃない」
  • 2016年7月5日: ファイナルラップでメルセデスドライバーが同士打ちするという劇的な展開となった2016年オーストリアGPから『ESPN』が最も興味深い無線メッセージを厳選。

  • メルセデス
  • チームオーダーも受け入れるとロズベルグ
  • 2016年7月4日: メルセデスのニコ・ロズベルグはチームがオーストリアGPでのロズベルグとルイス・ハミルトンの同士打ちに適切な対応を取る必要があると考えるなら、チームオーダーも受け入れると語った。

  • メルセデス
  • 同士打ちはロズベルグの契約交渉に影響せず
  • 2016年7月4日: オーストリアGPで発生した同士打ちはニコ・ロズベルグとの契約の話し合いに影響しないとメルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者のクリスチャン・トト・ウォルフが語った。

  • メルセデス
  • 介入のないレース続行を望むハミルトン
  • 2016年7月4日: オーストリアGPでまたも僚友ニコ・ロズベルグと接触したルイス・ハミルトンは、メルセデスがチームオーダーの必要性を感じないことを願っている。

  • ウェーレイン、最後尾から"驚異的な"10位入賞
  • 2016年7月4日: 波乱のオーストリアGPで一時は最下位に落ち、周回遅れになりながらも、レースを最後まで走り切ったパスカル・ウェーレインはマノーに2014年以来となるポイントをもたらした。

  • レッドブル
  • メルセデスの接触で勝てると思ったフェルスタッペン
  • 2016年7月4日: オーストリアGP決勝のファイナルラップでメルセデスの2台が接触した時、後方を走っていたレッドブルのマックス・フェルスタッペンはF1での2度目の優勝に手が届くとわずかに考えたようだ。

  • オーストリアGP
  • ロズベルグにペナルティも結果は変わらず
  • 2016年7月4日: オーストリアGP決勝でチームメイトのルイス・ハミルトンとクラッシュしたニコ・ロズベルグに10秒のタイムペナルティが科された上、ペナルティポイントが2点加算された。

  • オーストリアGP - ピレリ - 決勝
  • 少ない情報でタイヤ戦略を練った各陣営
  • 2016年7月4日: 3日(日)に開催されたシーズン第9戦オーストリアGP決勝では2ストップ戦略を取ったメルセデスのルイス・ハミルトンがウルトラソフトからソフト、ソフトとつないでポール・トゥ・ウインを決めた。

  • オーストリアGP - マノー - 決勝
  • 最高の瞬間を楽しむマノー
  • 2016年7月4日: 3日(日)に開催されたシーズン第9戦オーストリアGPでマノーのパスカル・ウェーレインが10位で自身初入賞を果たし、リオ・ハリアントが16位で完走を遂げた。

  • オーストリアGP - メルセデス - 決勝
  • 「不運なインシデント」とハミルトン
  • 2016年7月4日: 3日(日)に開催されたシーズン第9戦オーストリアGP決勝でメルセデスのルイス・ハミルトンが優勝し、ファイナルラップでハミルトンと接触したニコ・ロズベルグは4位でゴールした。

  • オーストリアGP - ハースF1 - 決勝
  • ポイント圏内に戻ってきたハース
  • 2016年7月4日: 3日(日)に開催されたシーズン第9戦オーストリアGPでハースF1のロマン・グロージャンが7位入賞を果たし、エステバン・グティエレスが11位でゴールした。

  • オーストリアGP - トロ・ロッソ - 決勝
  • 見事な追い上げを決めたサインツ
  • 2016年7月4日: 3日(土)、シーズン第9戦オーストリアGP決勝でトロ・ロッソのカルロス・サインツが8位入賞を果たしたものの、ダニール・クビアトはリタイアを喫した。

  • オーストリアGP - ザウバー - 決勝
  • マシンの最大限を引き出したザウバー
  • 2016年7月4日: ザウバーのフェリペ・ナッサーとマーカス・エリクソンは、3日(日)に開催されたシーズン第9戦オーストリアGP決勝をそれぞれ13位と15位でゴールした。

  • オーストリアGP - フェラーリ - 決勝
  • もっと良い結果があり得たとフェラーリ
  • 2016年7月4日: 3日(日)、シーズン第9戦オーストリアGP決勝に臨んだフェラーリはキミ・ライコネンが3位表彰台に上った一方、セバスチャン・ベッテルはリタイアを喫した。

Top of the Page上へ