News List

/ マックス・チルトン

  • マルシャ
  • 憶測を否定するのに必死なチルトン
  • 2014年8月23日: マックス・チルトンはマルシャの大騒動が単純に窮地に陥った"ペイドライバー"として解釈されるべきではないと主張した。

  • マルシャ
  • チルトン、チームとの関係悪化を否定
  • 2014年8月23日: ベルギーGPで起きた騒動の経緯によって、マルシャとの関係に影響が残ることはないとマックス・チルトンは考えており、人々が考えているよりも複雑な事情があるのだと主張した。

  • マルシャ
  • 自発的にシートを譲ったチルトン
  • 2014年8月22日: マックス・チルトンはマルシャの資金繰りを手助けするため、自発的にベルギーGPのシートをアレキサンダー・ロッシに譲ったことを認めた。

  • マルシャ
  • マルシャもドライバー交代
  • 2014年8月21日: 今週末のスパ・フランコルシャンで、マックス・チルトンに代わってアレキサンダー・ロッシがレースに出場するとマルシャが発表した。

  • フェラーリ
  • ライコネン、処分を求める声に反論
  • 2014年7月18日: キミ・ライコネンがイギリスGPで引き起こしたクラッシュをめぐり、ホッケンハイムでペナルティを科すべきだとの批判に彼が反論した。

  • シルバーストーンテスト
  • シルバーストーンテスト最終日:7月9日
  • 2014年7月10日: シルバーストーンテスト最終日はキミ・ライコネンに代わってフェラーリマシンをドライブしたジュール・ビアンキがタイムシート最上位に立った。

  • バルセロナテスト
  • バルセロナテスト初日:5月13日
  • 2014年5月14日: カタロニア・サーキットで始まったバルセロナテスト初日はマルシャのマックス・チルトンが最速タイムを記録した。

  • バーレーンテスト
  • バーレーンテスト初日:4月8日
  • 2014年4月9日: 2日間のバーレーンテストが幕を開けた8日(火)、タイムシートトップに立ったのは一層の強さを身につけつつあるメルセデスのニコ・ロズベルグだった。

  • バーレーンテスト
  • バーレーンテスト最終日:3月2日
  • 2014年3月3日: プレシーズン最終テストが終了した2日(日)、ラストセッションで最速タイムを刻んだのはメルセデスのルイス・ハミルトンだった。

  • バーレーンテスト
  • バーレーンテスト初日:2月27日
  • 2014年2月28日: バーレーンテスト初日の27日(木)はフォース・インディアのセルジオ・ペレスがタイムシートトップに立った。

Top of the Page上へ