News List

/ バーレーン・インターナショナル・サーキット

  • FIA
  • ピットミス防止策に取り組むFIA
  • 2018年4月19日: 最近のレースでアンセーフリリースが相次いだことを受けて、FIAがF1チームと協力し、ピットストップがより安全になるような対策の制定に取り組んでいる。

  • ルイス・ハミルトン
  • 自ら和解の握手に赴いたハミルトン
  • 2018年4月12日: 敬意の証しとして、先週末のバーレーンGPで接触したレッドブルドライバーのマックス・フェルスタッペンと握手を交わすことが重要だったとルイス・ハミルトンが述べている。

  • フェルナンド・アロンソ
  • マクラーレンはそろそろ再評価されるべきとアロンソ
  • 2018年4月12日: シーズン序盤のマクラーレンのリザルトは"非常にいい"とフェルナンド・アロンソが主張し、そろそろ8度のコンストラクターズチャンピオンへの評価が見直されてもいい頃だと述べた。

  • セバスチャン・ベッテル
  • 標的はやはりメルセデスだとベッテル
  • 2018年4月12日: 2018年最初の2勝を手にしながらも、セバスチャン・ベッテルは今週末の中国GPで倒すべき標的にされるのはフェラーリではなくメルセデスだという。

  • ダニエル・リカルド
  • Hondaの好調はレッドブルを引き寄せるとリカルド
  • 2018年4月11日: トロ・ロッソと組むHondaの最近の復調は、日本のマニュファクチャラーにとって2019年にレッドブルとの契約をつかむ好機を高めているとダニエル・リカルドは言う。

  • トロ・ロッソ
  • 常に入賞を狙っていけるとトスト
  • 2018年4月11日: トロ・ロッソのフランツ・トスト代表は、これからはコンスタントなトップ10フィニッシュを期待できると述べている。

  • バーレーンGP - ペナルティポイント
  • 一気に4ポイントを科されたハートレー
  • 2018年4月11日: トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーがシーズン第2戦バーレーンGPの決勝で一気に4点のペナルティポイントを科された。

  • バーレーンGP - パワーユニット
  • Honda、復帰以来で最高のリザルト
  • 2018年4月11日: シーズン第2戦バーレーンGPでフェラーリのセバスチャン・ベッテルのコントロールエレクトロニクスが今季に使用可能な限度である2基目に達した。

  • レディオ・ガガ - バーレーンGP
  • 「もう僕らは戦える!」
  • 2018年4月11日: フラストレーションを訴えるドライバーが相次いだバーレーンGPより、特選した無線メッセージを紹介する。

  • バーレーンGP - ハースF1 - 決勝
  • 5位入賞に満足するマグヌッセン
  • 2018年4月9日: 8日(日)、シーズン第2戦バーレーンGP決勝レースに挑んだハースF1のケビン・マグヌッセンが5位フィニッシュを果たしたが、ロマン・グロージャンは3回のピットストップで15位に終わった。

  • バーレーンGP - ルノー - 決勝
  • ルノー、接戦の中団で勝ち取ったポイントに満足
  • 2018年4月9日: シーズン第2戦バーレーンGP決勝レースが開催された8日(日)、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが6位入賞を果たした一方でカルロス・サインツは11位と惜しくもポイントを逃した。

  • バーレーンGP - ザウバー - 決勝
  • 久々の入賞に「最高の気分」とエリクソン
  • 2018年4月9日: 8日(日)に開催されたシーズン第2戦バーレーンGP決勝レースでザウバーのマーカス・エリクソンが9位でポイントを獲得、シャルル・ルクレールは14位完走を果たした。

  • バーレーンGP - フェラーリ - 決勝
  • ベッテル優勝もライコネンはピットでトラブル
  • 2018年4月9日: 8日(日)、シーズン第2戦バーレーンGP決勝レースが行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウインで開幕2連勝を挙げた一方、フロントロースタートのキミ・ライコネンはリタイアに終わった。

  • バーレーンGP - トロ・ロッソ - 決勝
  • ガスリーが「最高にハッピー」な4位入賞
  • 2018年4月9日: 8日(日)、シーズン第2戦バーレーンGP決勝レースに挑んだトロ・ロッソはピエール・ガスリーと共に4位入賞を果たし、ブレンドン・ハートレーは13位で完走した。

  • バーレーンGP - マクラーレン - 決勝
  • 予選から巻き返し、W入賞したマクラーレン
  • 2018年4月9日: シーズン第2戦バーレーンGP決勝レースが行われた8日(日)、マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドールンは7位と8位でダブル入賞を果たした。

Top of the Page上へ