News List

/ キミ・ライコネン

  • レディオ・ガガ - ブラジルGP
  • 「ダディ、どこへ行っても応援するからね」
  • 2017年11月15日: 最後のホームレースを走り切ったフェリペ・マッサに用意されていた感動的なサプライズから、ポディウムの頂点に返り咲いたフェラーリの歓喜まで、ブラジルGPの無線からよりすぐりのメッセージをご紹介しよう。

  • ブラジルGP - フェラーリ - 決勝
  • ベッテル、「チームとティフォシに感謝」
  • 2017年11月13日: 現地時間12日(日)、シーズン第19戦ブラジルGP決勝レースが開催され、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがフロントローから逆転優勝を果たし、キミ・ライコネンは3位表彰台に上った。

  • メキシコGP - フェラーリ - 決勝
  • フェラーリ、3位と4位も満足感はなし
  • 2017年10月30日: 現地時間29日(日)、シーズン第18戦メキシコGP決勝レースに挑んだフェラーリはキミ・ライコネンが3位表彰台に上ったものの、ポールシッターのセバスチャン・ベッテルはスタート直後に後退して4位にとどまった。

  • メキシコGP - 決勝
  • フェルスタッペンが逆転優勝、ハミルトンのタイトル決定
  • 2017年10月30日: 現地時間29日(日)、2017年FIA F1世界選手権第18戦メキシコGP決勝レースが開催され、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝すると共に、メルセデスのルイス・ハミルトンが4度目のドライバーズタイトルを確定させた。

  • キミ・ライコネン
  • 「受け入れるのが一番」とライコネンが助言
  • 2017年10月27日: US GP最終ラップのバトルでペナルティを科されたマックス・フェルスタッペンには同情するというキミ・ライコネンだが、彼に1つ、メッセージがあるという。"受け入れ、前進せよ"だ。

  • マックス・フェルスタッペン
  • フェルスタッペン、「ばかなスチュワード」発言を反省
  • 2017年10月27日: US GPのスチュワードに対してやや言葉が過ぎたとマックス・フェルスタッペンが反省している。しかし、表彰台を失って怒ったことについては完全に正当だったと主張している。

  • フェラーリ
  • 「コースリミットは全員知っている」とライコネン
  • 2017年10月24日: フェラーリのキミ・ライコネンはドライバーなら誰しもコースリミットは把握しており、US GPで科されたマックス・フェルスタッペンのペナルティに一切の混乱はないとの考えを明かした。

  • US GP - フェラーリ - 決勝
  • フェラーリ、理想的とはいかずもW表彰台
  • 2017年10月23日: アメリカ時間22日(日)、シーズン第17戦US GP決勝レースに挑んだフェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは2位と3位でダブル表彰台を達成した。

  • US GP - 決勝
  • ハミルトン勝利! フェラーリが2-3
  • 2017年10月23日: テキサス州オースティンにあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズで2017年FIA F1世界選手権第17戦US GP決勝レースが開催され、メルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインを達成した。

  • 日本GP - フェラーリ - 決勝
  • またもトラブルに泣いたベッテル
  • 2017年10月8日: 8日(日)、鈴鹿サーキットでシーズン第16戦日本GP決勝レースが開催され、フェラーリのキミ・ライコネンが5位で入賞した一方、フロントロースタートだったセバスチャン・ベッテルはリタイアを喫した。

  • セバスチャン・ベッテル
  • チームにパニックは起きていないとベッテル
  • 2017年10月5日: マレーシアGPで起きたエンジントラブルにフェラーリは"通常の"対処をしたとセバスチャン・ベッテルは言い、大きなチーム再編が行われるとの臆測を否定した。

  • セバスチャン・ベッテル
  • ベッテルに朗報、ギアボックス交換の必要なし
  • 2017年10月4日: ここ2戦でチャンピオンシップの望みが大きくすっかり薄くなってしまったセバスチャン・ベッテルだが、日本GPの開幕を前に彼の元へ朗報が届いた。

  • ルイス・ハミルトン
  • あえて応戦はしなかったハミルトン
  • 2017年10月1日: マレーシアGPの序盤にマックス・フェルスタッペンに捕捉された際、ルイス・ハミルトンの頭にはタイトル争いのことが浮かんでいたという。

  • マレーシアGP - フェラーリ - 決勝
  • ベッテルが最後尾から4位入賞もライコネンはDNS
  • 2017年10月1日: 1日(日)、シーズン第15戦マレーシアGP決勝レースを最後尾からスタートしたフェラーリのセバスチャン・ベッテルは4位入賞を果たすも、フロントローに並ぶはずだったキミ・ライコネンはスタートできぬままマシンを降りた。

  • ダニエル・リカルド
  • メルセデスが守りに入った今が好機とリカルド
  • 2017年9月30日: ポールシッターのルイス・ハミルトンが"コンサバティブ"な思考を持てば、マレーシアGPでレッドブルが勝利をうかがうチャンスが芽生えるとダニエル・リカルドは考えている。

  • メルセデス
  • ポール獲得はマシンではなくハミルトンの力
  • 2017年9月30日: マレーシアGPでルイス・ハミルトンがポールを獲得したのは、予選前のメルセデスのマシン調整が良かったからではなく、ハミルトンのドライバーとしてのスキルによるものだとニキ・ラウダは述べた。

Top of the Page上へ