News List

/ ブッダ・インターナショナル・サーキット

前の年代 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 | 2020 次の年代
  • ルイス・ハミルトン
  • ハミルトン、インドについての発言を説明
  • 2018年11月15日: 経済的に苦しく、レース文化が根付いていない国へのF1進出について述べた自らのコメントについて、ルイス・ハミルトンが釈明に動いた。

  • マクラーレン
  • "Mr.ビーン"、マクラーレンF1を売却
  • 2015年6月10日: Mr.ビーン役で知られるイギリスの俳優、ローワン・アトキンソンが、所有していたマクラーレンF1を800万ポンド(約15億円)で売却した。

  • ロータス
  • グロージャン、人工芝の問題を指摘
  • 2015年2月27日: フェルナンド・アロンソのテスト中のクラッシュは、いくつかのコーナーで使用されている人工芝の安全性について疑問を浮かび上がらせるとロマン・グロージャンが述べた。

  • インドGP
  • 2017年までに復帰を目指すインド
  • 2014年11月13日: インドがF1カレンダーに復帰するのは早くても2017年になりそうだと前レースプロモーター『Jaypee(ジェイピー)』の幹部が認めた。

  • インドGP
  • 話し合いを求めるインドGP
  • 2014年3月7日: インドGPのプロモーターはニューデリーのレースを2015年のカレンダーに戻すため、バーニー・エクレストンと直接面会すると述べた。

  • キミ・ライコネン
  • ライコネン、姿を見せず
  • 2013年10月31日: 週末のアブダビGPを前に、キミ・ライコネンは木曜日のメディア取材に現れなかった。

  • キミ・ライコネン
  • 「ライコネンは遠慮しない」
  • 2013年10月31日: 無線で罵倒の言葉が流れるなどというのは前例のないことだとライコネンのマネジャーが発言した。

  • ロータス
  • ロータス、暴言の応酬を謝罪
  • 2013年10月29日: インドGPでキミ・ライコネンとチームの間にかわされた罵りまじりの無線メッセージについてロータスが謝罪した。

  • レッドブル
  • チャンスを実らせたベッテル
  • 2013年10月28日: 4年連続王者に輝いたレッドブルのセバスチャン・ベッテルだが、本格的な祝杯は後日改めてのことになる。

  • メルセデス
  • マッサに阻まれ、落胆するハミルトン
  • 2013年10月28日: インドGPについてルイス・ハミルトンは"ひどいレース"だったと語り、フェリペ・マッサを抜けなかったことが痛かったと嘆いた。

  • フェラーリ
  • 「最後まで戦い抜いた」とアロンソ
  • 2013年10月28日: 今シーズン、セバスチャン・ベッテルと"最後まで戦った"ことをフェラーリは誇りに思うべきだとフェルナンド・アロンソが語った。

Top of the Page上へ