M.S.

/ Index

M.S. M.S. RSS FeedFeeds

  • アゼルバイジャンGP
  • ベッテルにさらなる制裁の可能性
  • 2017年6月29日: FIAはさらなる措置を取るべきかを判断するため、アゼルバイジャンGP決勝で発生したセバスチャン・ベッテルとルイス・ハミルトンの接触について調査を行なう。

  • アゼルバイジャンGP - ペナルティポイント
  • ベッテルの罰点は次戦終了後に減少
  • 2017年6月28日: シーズン第8戦アゼルバイジャンGPでペナルティポイントを与えられたのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルのみだった。

  • アゼルバイジャンGP - ペナルティ
  • レース中断時はファストレーンから動くべからず
  • 2017年6月28日: レースが中断された際にマシン修復を終えてコース復帰を果たしたキミ・ライコネンとセルジオ・ペレスだったが、そこには思わぬ落とし穴があった。

  • レッドブル
  • ベッテルの見方に賛同しないリカルド
  • 2017年6月27日: レッドブルのダニエル・リカルドはアゼルバイジャンGPでルイス・ハミルトンがブレーキテストをしたというセバスチャン・ベッテルの意見に賛成していない。

  • トロ・ロッソ
  • バクーのリスタートは見直すべきとサインツ
  • 2017年6月27日: トロ・ロッソのカルロス・サインツはアゼルバイジャンGPでのレースリスタートが"危険"だったと述べ、2018年のレースについては手順の改訂を求めている。

  • ザウバー
  • カルテンボーン代表がザウバー離脱
  • 2017年6月22日: 21日(月)、ザウバーがドライバー間の扱いに差があるとの報道を否定したのに続き、チーム代表を務めるモニーシャ・カルテンボーンの退任を発表した。

  • メルセデス
  • マシンは最速だと自負するメルセデス
  • 2017年6月20日: 全戦でパフォーマンスを最大限まで引き出すことに苦戦してこそいるものの、メルセデスはライバルのフェラーリより速いマシンを手にしていると確信している。

  • カナダGP - ペナルティポイント
  • サインツの累積が最多タイの7ポイントに
  • 2017年6月14日: シーズン第7戦ではトロ・ロッソコンビとハースF1のケビン・マグヌッセンに2ポイントずつペナルティポイントが加算された。

Top of the Page上へ