Me

/ Index

  • ロバート・クビサ
  • クビサ、今はフルタイムF1復帰に「一番近い場所」
  • 2018年2月18日: ロバート・クビサはフルタイムでのF1復帰の夢を諦めていない。2018年のウィリアムズのレースシートを射止める目前までいったことに、彼のモチベーションは高まっているという。

  • バルテリ・ボッタス
  • ボッタスはなぜ、ハミルトンを倒せると確信するのか
  • 2018年2月17日: ルイス・ハミルトンのチームメイトとして1シーズンを過ごし、バルテリ・ボッタスはこれで4度のワールドチャンピオンを倒して自らタイトルを取る準備ができたと確信している。

  • マクラーレン
  • マクラーレンが初めてルノーエンジンを始動
  • 2018年2月17日: マクラーレンとルノーの新パートナーシップがとうとう公式に動き出した。チームはウォーキングのファクトリーで初めてフランス製エンジンに火を入れた。

  • ウィリアムズ
  • 新シーズンに期待するストロール
  • 2018年2月16日: 15日(木)、ウィリアムズの2018年型マシンFW41が初披露されたことを受け、F1参戦2年目のシーズンに挑むランス・ストロールは新車の出来に楽観していると明かし、新たな戦いに期待を寄せていると語った。

  • マクラーレン
  • Hondaに足りないのはルノーの経験だとマクラーレン
  • 2018年2月15日: ルノーへのスイッチによってマクラーレンは2018年型マシンを適応させる必要性が生じたが、ルノーが持つF1の経験レベルが高かったことにより、ずいぶん楽になったと述べている。

  • フェルナンド・アロンソ
  • WEC、富士の日程変更でアロンソの出場が可能に
  • 2018年2月10日: WECが2018-2019年シーズン第4戦、富士6時間レースの日程を変更した。US GPとの衝突がなくなったため、フェルナンド・アロンソの参戦が可能となった。

  • フェルナンド・アロンソ
  • アロンソ、ル・マンの愛車TS050 HYBRIDをテスト
  • 2018年2月8日: フェルナンド・アロンソが今年のル・マン24時間で駆ることになる、発表されたばかりのTS050 HYBRIDをテストし、その加速をロケットに例えた。

  • 南アフリカGP
  • キャラミ、再開を望むもネックは開催コスト
  • 2018年2月8日: 南アフリカ共和国のキャラミ・サーキットが近い将来、F1カレンダーに復活する可能性は低い。それは、現代グランプリ開催に必要な高額コストのためだ。

Top of the Page上へ