Me

/ Index

  • フェルナンド・アロンソ
  • 「僕のドライビングは今がベスト」とアロンソ
  • 2017年6月23日: ポイントフィニッシュはしていないが、自身のパフォーマンスのクオリティーが今シーズンのモチベーションになっているとフェルナンド・アロンソが語った。

  • バルテリ・ボッタス
  • ボッタス、不安定な立場でも「平常心」
  • 2017年6月23日: チーム内で先の保証がない立場にあり、クリスチャン・トト・ウォルフにも「落ち着かないはずだ」といわれたバルテリ・ボッタスだが、本人は"平常心"を保っていると主張している。

  • カルロス・サインツ
  • レッドブルの「適切な対応」を信じるサインツ
  • 2017年6月18日: これから2018年とその後についての交渉が始まった時に、自身の将来についてレッドブルが正しい判断をしてくれることを"信じている"とカルロス・サインツはいう。

  • レッドブル
  • オイルでパフォーマンス向上を図るレッドブル
  • 2017年6月17日: パワーユニットサプライヤーのルノーからエンジンのメジャーアップグレードを否定されてしまったレッドブルは、何とかして別の方法でライバルのフェラーリとメルセデスに対する遅れを取り戻そうとしている。

  • ルノー・スポールF1チーム
  • パーマーには早急な結果が必要とルノー
  • 2017年6月16日: ジョリオン・パーマーはすぐにでも"結果を残す"必要があるとルノー・スポールF1チームのマネジングディレクター、シリル・アビテブールが警告した。

  • ル・マン24時間
  • ケアリーが今年のル・マンの公式スターターに
  • 2017年6月16日: F1のCEOに就任したチェイス・ケアリーが今年のル・マン24時間レースの公式スターターに任命された。異なるシリーズ間の"新たな結びつきを示す"ためのものだという。

  • メルセデス
  • これで問題解決というわけではないとメルセデス
  • 2017年6月16日: カナダGPで1-2フィニッシュを決めたにもかかわらず、チームの最適なセットアップに関する"疑問符"はまだ存在するとメルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフが述べている。

  • レッドブル
  • フェルスタッペンにとって今は「人格形成」の時
  • 2017年6月15日: このところ不運やトラブル続きでフラストレーションを募らせているマックス・フェルスタッペンだが、これも彼にとっては"人格形成"の機会だとレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は考えている。

  • ロバート・クビサ
  • クビサのF1復帰は十分可能とパーメイン
  • 2017年6月15日: 2012年のF1マシンでテストを行ったロバート・クビサは、F1復帰が可能性な"ペースを持っていた"とルノーのスポーティングディレクター、アラン・パーメインが語っている。

  • エステバン・オコン
  • ウォルフ、「オコンは未来のスーパースター」
  • 2017年6月15日: フォース・インディアで初めてのフルシーズンをスタートしたメルセデスジュニアのエステバン・オコンを、クリスチャン・トト・ウォルフが"未来のスーパースター"だとたたえている。

  • パディ・ロウ
  • ハミルトンの速さはセナに匹敵とロウ
  • 2017年6月14日: パディ・ロウによると、純粋な速さという面においてルイス・ハミルトンはアイルトン・セナと同等だが、セナが他とは一線を画していた徹底した無情さという部分がハミルトンにはないという。

  • セバスチャン・ベッテル
  • 「全て」を賭けてオコンをパスしたベッテル
  • 2017年6月12日: カナダGP終盤に見せたエステバン・オコンに対するオーバーテイクは、大きなリスクを背負ってのものだったとセバスチャン・ベッテルは述べている。

Top of the Page上へ