News

多くの者が今のF1の在り方に疑問を感じている © Sutton Images
拡大

優秀なドライバーたちがF1財政危機の犠牲者になっている。

ドイツメジャー紙『Bild(ビルド)』や専門誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』などはスポーツが"病んでいる"と案じた。

「問題がないのはトップ4――レッドブル、フェラーリ、マクラーレンとメルセデス――だけだ」とビルドは言う。

アウトモートア・ウント・シュポルトが付け加える。「われわれはF1を心配しなければならない。HRTがいなくなった。ケータハムとマルシャはペイドライバーなくしては生き残れない。ティモ・グロックやヘイキ・コバライネンのようなドライバーが職を失っている」

「どうしたら長期的に生き残れるのか、スポーツは悩んでいるに違いない」

ベテラン通信員のロジャー・ブノワは22日(火)、こう記した。「2月末までに11チームが負債をすべて返さなければならいとしたら、メルボルンでは10台しかレースに出られないだろう」

"危機"の最新の犠牲者はドイツ人のティモ・グロックだ。彼は"有効な契約"があったにもかかわらずマルシャを去ることになり、DTMでキャリアを続けようとしている。マルシャは持参金付きのドライバーを募集中だ。

「それが今のF1の在り方なんだ」と30歳のグロックは『Twitter(ツイッター)』でコメントした。「すぐにでも変わってくれることを願うよ。こういうのはスポーツとは何の関係もないことだからね」

"ペイドライバー"の隆盛についてフェリペ・マッサは22日(火)にこう述べた。「正直言って、これはF1にとっていいことじゃない」

ザウバーのモニーシャ・カルテンボーンによると、解決法はコストを大幅に、そして緊急に引き下げることだという。

「それをすぐに行わなければ」と彼女はスイス紙『Blick(ブリック)』にコメントした。「このスポーツは非常に危険な時に直面することになるでしょう」

© ESPN Sports Media Ltd.