News

  • バンコク

タイのカレンダー入りは2015年が濃厚

Jim
2012年12月21日 « マッサが最善の選択だったとモンテゼモーロ | モンテゼモーロ、エクレストン時代終えんに言及 »
2010年にはレッドブルがタイでデモンストレーション走行イベントを開催 © Getty Images
拡大

タイが2015年にF1カレンダー入りするようだ。

タイの首都バンコクは当初、2014年の初開催を目指していると伝えられたが、F1最高権威のバーニー・エクレストンは『Wall Street Journal(ウオール・ストリート・ジャーナル)』にタイで人工照明の下、初の市街地レースが開催されるのは2015年になるだろうとコメントしている。

タイのスポーツ局長を務めるカノクファンド・チュラカセム氏は『Bangkok Post(バンコク・ポスト)』に「F1レースはわれわれの当初の予定だった2014年ではなく2015年初旬に開催される可能性が高い」と述べた。

タイでのグランプリ開催に向けては同国出身のチャルーム・ユーウィッタヤー氏が共同オーナーを務めるレッドブルが準備に携わっていると考えられている。

先月、エクレストンと会談したと伝えられるレッドブルのミシェル・デ・サンティエステバンは「タイがF1レースを主催するのはほぼ確実と言っていいだろう。タイがカレンダー入りすれば、既存のレースがひとつ取り除かれることになる可能性が高い」と話した。

© ESPN Sports Media Ltd.