News

  • 小林可夢偉

可夢偉、来季のレースシートを断念

Jim
2012年12月18日 « ロータス、グロージャン残留を発表 | FIAに怒るハーシュタイン医師 »
2014年のF1レギュラー復帰を目指す可夢偉 © Sutton Images
拡大
関連リンク

日本人F1ドライバーの小林可夢偉は『KAMUI SUPPORT』を通して800万ユーロ以上(12月18日現在、1億8,465万5,120円/公式サイト発表)の募金を集めたものの、2013年にF1でドライブすることを事実上断念したようだ。

これまで所属したザウバーはエステバン・グティエレスとニコ・ヒュルケンベルグの2人を起用することが決まっており、シートを失った可夢偉は"優勝が可能"なシートを確保すべく、ファンへの支援金の呼びかけを含む資金集めに精を出した。しかしながら、残る空席がフォース・インディア、ケータハム、マルシャとなった今、可夢偉は2013年に競争力のあるチームのマシンをドライブするチャンスがなくなったと認めている。

KAMUI SUPPORTのサイト上で「いつも温かいご応援をいただき本当にありがとうございます」と感謝の意を示した可夢偉は次のように続けた。

「"KAMUI SUPPORT"への皆様からのご協力ほんとうにありがとうございました。おかげさまで皆様の熱意がきっかけとなり、この数週間の間に日本企業数社様からのご支援を頂いていました」

「なんとか当初の目標に近い800万ユーロ強の予算はありましたが、残念ながら僕が求めていた、戦えるチームでの2013年のレースシート獲得は不可能という状況になりました」

「この結果に僕自身非常に悔しいですが、なによりも"KAMUI SUPPORT"に寄付してくださった皆様、ならびに支援を申し出て下さっていた企業様のご期待に応えることができず、本当に申し訳なく思っております」

「2013年度の僕の活動については、F1以外のカテゴリーは考えていません。現在あるオプションのなかで、2014年にF1のトップチームのレースシートを獲得できるベストな道を選択したいと思っています。その際にはあらためて発表させていただきますのでそれまでお待ち頂けたらと思います」

「また、この度のご報告を持って一度"KAMUI SUPPORT"の受付を終了させて頂きたいと思います。本当にありがとうございました」

「皆様からの寄付金は、そのまま大切にお預かりして2014年度のF1レースシートを獲得するための資金とさせていただきます。今後とも応援のほどよろしくお願いいたします」

可夢偉の言葉にある通り、KAMUI SUPPORTでの募金受付は12月18日(火)をもって終了されるとのことだ。

(KAMUI SUPPORT プレスリリースより)

© ESPN Sports Media Ltd.