News

  • アブダビテスト

アブダビテスト初日午前:11月6日

M.S.
2012年11月6日 « ヒューマンエラーを疑うホーナー | スーパーライセンス料が値上げか »

アブダビで行われているヤングドライバーテストの初日午前はマクラーレンを駆ったケビン・マグヌッセンが最速タイムを記録している。

マグヌッセンは最も忙しい初日午前を過ごしたドライバーであり、40周を走って1分42秒651をマークした。2番手のアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(レッドブル)とはわずか0.066秒差だったマグヌッセンは午後の作業をゲイリー・パフェットに引き継ぐ。

マグヌッセンとダ・コスタの2人がライバルたちに大きな差をつけており、ロータスをドライブして3番手だったニコラ・プロストの記録は1分45秒318。ロータスは今週どこかの時点でまだレースに登場していないリアウイングをテストすると見られているが、今のところはお目見えしていない。

ザウバーはロータスと同様のリアウイングデバイスをテストしている模様で、ロビン・フラインズは最初の1時間半でインストレーションラップを行った末に4番手タイムをマークした。

トロ・ロッソの作業を担当しているルイス・ラジアは1分46秒793の5番手で、ケータハムのギド・ヴァン・デル・ガルデは最後方の6番手。ヴァン・デル・ガルデは午前のセッションを空力のテストに費やし、フロントウイングの気流を見るためにマシン左サイドにトランジション・ボルテックス・レーキを装着して走行している。

【アブダビ - 2012/11/6 午前】

順位 ドライバー マシン タイム 周回数
1. ケビン・マグヌッセン マクラーレン MP4-27 1:42.651 40
2. アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ レッドブル RB8 1:42.717 33
3. ニコラ・プロスト ロータス E20 1:45.318 27
4. ロビン・フラインス ザウバー C31 1:45.878 36
5. ルイス・ラジア トロ・ロッソ STR7 1:46.793 35
6. ギド・ヴァン・デル・ガルデ ケータハム CT01 1:48.193 32

© ESPN Sports Media Ltd.