News

ベッテルがこのまま楽に3連覇を達成するとは考えにくいとサロはいう © Sutton Images
拡大

2012年のチャンピオンの可能性が高いのはやはりフェルナンド・アロンソだという。

これはフェラーリやザウバーでドライバーを務めたミカ・サロの考えだ。彼によると、パドック内でもシーズンの残り4戦でセバスチャン・ベッテルが確実に3度目のドライバーズタイトルを手にできる保証はないという考え方が根強いということだ。

長く選手権リーダーの座を維持してきたアロンソに代わって、急激に強さをつけてきたレッドブルを駆るベッテルがとうとう韓国で首位に躍り出た。

しかしサロは『MTV3』にこう語る。「ドライバーたちの間では、アロンソが今年のタイトルを取るだろうというのが共通認識だ」

「開幕時にフェラーリがコンペティティブじゃなかったことを覚えておくべきだ。それでもアロンソはここまでの大半でリードを守ってきた」

「彼は1年を通してミスをしていない。それがベッテルとの違いだよ」

「ベッテルは単独で先頭を走っている時は仕事をやり遂げるけど、レースの渦中にいるとアロンソほど合理的じゃない」

「対するアロンソはというと、0ポイントより18ポイントを好む」とサロは付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.