News

最後にHondaがF1でレースを戦ったのは2008年のこと © Sutton Images
拡大
関連リンク

日本の自動車メーカーHondaは、レギュレーションが適切な機会を提示するならばF1に復帰したいという願望を持っているという。

Hondaは世界経済が減速する2008年に撤退を表明し、ロス・ブラウンが買収したチームは今ではメルセデスによって運営されている。だが本田技術研究所の山本芳春社長は、F1復帰が意味を成すかどうかを判断するため、絶えずレギュレーションを見極めていると語った。

「個人的レベルの話ですが、私はレースが大好きです。でもF1にいるとさまざまなことが関係してきます――自動車レースの最高峰だけに、非常に大きなコミットメントが要求されます」と山本氏は『Autocar(オートカー)』に語った。「しかしわれわれがそうしたレースに注目していて、いつか再び参戦したいと願っているのは事実です」

「今すぐ簡単に戻れるとは個人的に思いませんが、ルールが変わればわれわれにとって魅力的になる可能性はあります。確かにルールには注目しています。機会があれば、また戻れるといいですね」

長年、高回転の自然吸気パワートレインの開発に取り組んできたHondaだが、将来的にロードカーに小型のターボエンジンを搭載する意向だ。F1は2014年から1.6リッターV6ターボに移行する予定であり、これがHonda復帰のうわさに拍車をかけた。

しかし山本氏はまず、世界ツーリングカー選手権(WTCC)で勝つことに集中すべきだと考えている。彼らは今年のシリーズのためにターボチャージャー付きエンジンを搭載したシビックを開発した。

「これはHondaではなく私個人の見解ですが、まずはWTCCで勝たなければならないと感じています。それからなら、その先へ目を向けることも可能かもしれません」と彼は付け加えている。

© ESPN Sports Media Ltd.