News

  • セルジオ・ペレス

ペレスとフェラーリのうわさが再燃

M.S.
2012年9月10日 « ウェバー、旧オルタネーターで難を逃れる | 勝利が交渉でチームを有利にするとデニス »
フェラーリの地元で表彰台に上ったペレス © Press Association
拡大

モンツァの週末を通して調子が優れなかったものの、それでもセルジオ・ペレス(ザウバー)は表彰台インタビュアーを務めたニキ・ラウダがトレードマークの帽子を脱ぐだけのパフォーマンスを発揮した。

「脱帽だ、セルジオ。信じられない仕事をしたね」と伝説的なドライバーであるラウダは語っている。

シーズン3度目の表彰台フィニッシュを果たしたペレスのパフォーマンスによって、来年ペレスがザウバーからフェラーリに移籍するとのうわさがにわかに息を吹き返した。

実際にペレスはシート危機にあるフェリペ・マッサ(フェラーリ)だけではなく、そのチームメイトでモンツァにて印象的な速さを見せていたフェルナンド・アロンソのオーバーテイクにも成功。確実にイタリア最高のチームへの準備を整えている。

しかし、9日(日)のペレスはためらいがちに「分からないな」と語っていた。

ペレスの現在のボスであるペーター・ザウバー代表も、フェラーリのうわさについて触れることなく『Sky(スカイ)』に「そのうち分かる」とだけコメント。

ザウバーCEOのモニーシャ・カルテンボーンは「そのうちに来季の(ドライバーの)発表をするでしょう。今は数カ月前と同様にリラックスしています」と付け加えた。

フェラーリ側ではステファノ・ドメニカリ代表が「今のところわれわれは(フェラーリアカデミーのメンバーである)セルジオ・ペレスについて何の情報も提供できない。間違いなく彼はいいレースをした」と述べている。

その2日前、ペレスはF1公式サイトに「そのうち決まるだろう。もちろん、それは日に日に近づいている」と話していた。

© ESPN Sports Media Ltd.