News

  • ビタントニオ・リウッツィ

リウッツィが世界耐久選手権でデビューへ

M.S.
2012年8月20日 « マッサ、ドイツ誌のランキングで17位にとどまる | 資金問題が続くアメリカGP »
昨年はHRTでドライブしたリウッツィ © Sutton Images
拡大
関連リンク

元F1ドライバーのビタントニオ・リウッツィが今週末、世界耐久選手権(WEC)でデビューする。

この冬にHRTのシートを失ったリウッツィはこれまでツーリングカーのインターナショナル・スーパースター選手権に参戦しており、8月26日(日)にはシルバーストーンで開催されるWECの第4戦に出場する。リウッツィはカーナンバー32のロータスLMP2をケビン・ウィーダならびにジェームズ・ロシターとシェアする予定であり、この機会を楽しみにしていると語った。

「シルバーストーンの6時間で走る機会を得られてとてもうれしい。前にF1で戦っているからこのサーキットについてはとてもよく知っている。でも、ロータスLMP2でここを走るのは間違いなく別物だろうね」

「今季これまでにこのマシンで何日かテストし、経験を積んだ。FIA世界耐久選手権での僕の初レースが待ちきれない。この素晴らしい機会をくれたロータスに感謝したいし、シルバーストーンでいい結果を出したい」

© ESPN Sports Media Ltd.