News

  • F1

モータスポーツのガーデンパーティーが開催される

M.S.
2012年7月2日 « レッドブルの脅威はアロンソ | イギリスGPで新コンパウンドのテスト »
言葉を交わすバトンとサーティース © Sutton Images
拡大

週末に行われた"Festival of Speed(フェスティバル・オブ・スピード)"には現在と過去をまたぎ、F1パドックの半分が集結したかのようだった。

1年に1度開催され、世界で唯一の自動車のガーデンパーティーと称されるこの名高いイベントには多くのF1関係者が出席者リストに名を連ねた。

すなわち、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、カルン・チャンドック、エディ・チーバー、マーティン・ドネリー、ロータス72を駆ったエマーソン・フィッティパルディ、マルク・ジェネ(フェラーリテストドライバー)、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、ニック・ハイドフェルド、ジャッキー・イクス、ヘイキ・コバライネン(ケータハム)、ヨッヘン・マス、ロータス18のステアリングを握ったスターリング・モス、アウディR18eトロン・クアトロを披露したアラン・マクニッシュ、エイドリアン・ニューイ、エマニュエル・ピロ、アラン・プロスト、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、ジャッキー・スチュワート、ジョン・サーティース、セバスチャン・ベッテル、マーク・ウェバー(共にレッドブル)。

これらそうそうたるメンバーがファンの前でグッドウッドの丘を駆け上がった。

多くのファンにとってのハイライトはマーチ卿によって個人的に招待された42台の独創的なロータスマシンだったろう。今でも2輪と4輪の双方でチャンピオンシップを制した唯一のドライバーであるサーティースは1960年ポルトガルGPでポールポジションを勝ち取ったロータス18をドライブした。

レッドブルのマシンを見つめる少年 © Getty Images
拡大
© ESPN Sports Media Ltd.