News

  • F1

わいろの受け取りを認めたグリブコウスキー

Jim
2012年6月21日 « 3モデルのマシン開発に取り組むフェラーリ | アロンソは報酬を除けば"シューマッハと同等" »

元銀行家のゲルハルト・グリブコウスキーが20日(水)、ついにF1最高権威であるバーニー・エクレストンから数百万のわいろを受け取ったことを認めた。

数年の収監に直面するグリブコウスキーが刑期を最小限に抑えるべく、検察官との取引の一環としてF1贈賄事件への関与を認める意向を固めたと報じられていた。

エクレストンは英財務当局とのもめ事を引き起こすとの脅迫を受けて、グリブコウスキーに"ゆすられた"と主張。

しかしながら、『DAPD通信』はグリブコウスキーがミュンヘンの州法廷で贈賄罪が"基本的に真実"だったと述べたと伝えている。

加えて、ドイツの『Auto Motor Und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』はエクレストンによって提案されたわいろが"巨額"に及んだと発言したグリブコウスキーのコメントを引用している。

グリブコウスキーはエクレストンとの会談を振り返り、エクレストンから「金額を指定」するよう求められたと明かした。

グリブコウスキーは5,000万ドル(約39億7,400万円)と述べ、最終的に同額を受け取ったものの、当初は1,000万ドル程度を予想していたと認めている。

© ESPN Sports Media Ltd.