News

  • ケータハム

今季のマシンは遅すぎるとコバライネン

M.S.
2012年5月11日 « スペインでの勝利もあるとライコネン | ブラジルのスポンサーは"セナ"に集中 »
バランスは良くともスピードが不足 © Sutton Images
拡大
関連リンク

ヘイキ・コバライネン(ケータハム)はチームが今季見せている進歩の過程にやや落胆していることを認めた。

F1参戦3年目を迎えたチームは直接のライバルであるマルシャやHRTに比べてはっきりと勝る力を見せているものの、チーム代表のトニー・フェルナンデスは今年さらなる前進を遂げることを狙う。

ケータハムは先週のムジェロテストにいくつかのアップグレードを持ち込んだが、フィンランドの『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』や『MTV3』によればそのすべてが機能しているわけではないという。

「マシンのバランスはとてもいいけど、ラップタイムは十分じゃない。ドライブはいい具合だけど、ただ少し遅すぎるんだ。すべてのアップグレードが思った通りに働いたわけではないから、スペインでは新しいものはいくつかだけになる」とコバライネンは述べた。

チームは今年、まだ得点を挙げられていない。

© ESPN Sports Media Ltd.