News

  • ピュア

ピュア、TMGにファクトリーを移転

Me
2012年3月8日 « ウェバーとの話し合いは夏以降 | ブルーノの契約は1年限り »
2014年のエンジン供給を目指すピュアの創設者、ポロック © Sutton Images
拡大
関連リンク

BARの創設者、クレイグ・ポロックの新会社で2014年のF1エンジン供給を目指す『P.U.R.E.(ピュア)』がケルンに陣を広げることになった。

『motorsport-total.com』のドイツ語版には、ジャック・ビルヌーブの元マネジャーであるポロックが、トヨタとかつてのF1拠点を使用する契約を結んだとの報が。

それによるとピュアは近々、より充実した施設を求めてパリの本拠地から移転するという。

「われわれはTMG(トヨタ・モータースポーツGmbH)との独占契約を交わした」とスコットランド生まれのポロックはコメント。

契約にはオフィススペース、ワークショップとエンジン試験台の利用が含まれているという。

ピュアが独自のファクトリーを設けなかった理由について、時間とコストの問題だとポロックは説明。

しかし、これから2014年に向けてF1で少なくとも2つのカスタマーチームを見つける時間はたっぷりあると彼は語った。

パリの本部はビジネスベースとして維持されるという。

© ESPN Sports Media Ltd.