News

  • ジャック・ビルヌーブ

ビルヌーブ、氷上レース主催者を批判

Kay Tanaka
2012年1月31日 « レッドブルを目指すフォース・インディア | 「本当に申し訳ない」とスーティル »
プロストを優遇した主催者に怒り © Getty Images
拡大
関連リンク

ジャック・ビルヌーブはフランスの氷上レースシリーズ『Trophee Andros(アンドロス・トロフィー)』主催者を、レース結果の"操作"があったとして批判している

『RMC』によると、スーパーベッセで行われたレースに出場した1997年F1王者のビルヌーブは、レース主催者がアラン・プロストを助けるためにルールを変えたと批判。

報道によると、F1で4冠に輝いた経歴を持つプロストがマシンをクラッシュさせてしまった後、レース主催者は修復を許可したという。

「僕たちが参加したのはアンドロス・トロフィーじゃない。"アラン・プロスト・トロフィー"だ」と怒りをあらわにするビルヌーブは、こうも付け加えた。

「だから、僕の努力に疑問を持ってしまった。こんなのはスポーツではない」

© ESPN Sports Media Ltd.