News

  • エイドリアン・スーティル

スーティルの公判がスタート

Kay Tanaka
2012年1月30日 « シューマッハがサッカークラブ会長に就任? | レッドブルを目指すフォース・インディア »
ハミルトンは証人を務めず © Sutton Images
拡大

エイドリアン・スーティルは30日(月)午前に、弁解のため出廷する。

フォース・インディアの元レースドライバーであるスーティルは、昨年にルノー(現ロータス)の幹部であるエリック・ルクスに対して暴行を働いたとの理由で裁判を起こされたが、その公判が2日間にわたって行われることになった。

報道によると、昨年4月に中国・上海の『M1nt(ミント)』というナイトクラブで事件は発生。VIPルームからスーティルを追い出そうとしたルクスは、割れたシャンパングラスによって首を切ったと主張している。

『Bild am Sonntag(ビルド・アム・ゾンタック)』紙によると、30日の公判にはルクスも出廷するとのこと。

現場には当時マクラーレンのテストドライバーだったペドロ・デ・ラ・ロサもいたようだが、デ・ラ・ロサは何も見ていないと強調している。

ビルド紙の報道では、今回の事件は店内の防犯カメラに収められているものの、その映像はかなり低画質で白黒だという。

また、ルクスに近づく直前のスーティルはルイス・ハミルトン(マクラーレン)と向かい合ってソファに座っていたとのこと。

その後、スーティルの右手が前方に伸びるが、ルクスが離れる様子も残されている。ルクスは再びスーティルに近づくが、スーティルはルクスを押し、その後警備員が割って入っている。

事件を近い場所で見ていたのがハミルトンだが、今週マクラーレンの新車発表が予定されているために、公判には参加しないとのこと。

ビルド紙によると、ジュニアフォーミュラ時代からの親友であるものの、スーティルはハミルトンとの連絡が取れなくなっているようだ。

© ESPN Sports Media Ltd.