News

  • ニック・ハイドフェルド

ハイドフェルドはル・マン参戦へ

Kay Tanaka
2012年1月30日 « インディカーのテストに臨むバリチェロ | シューマッハがサッカークラブ会長に就任? »
F1復帰は難しいか・・・? © Getty Images
拡大
関連リンク

ニック・ハイドフェルドは2012年もレーシングキャリアを続行する。

F1では12年の間に183レースで戦ったハイドフェルドは2011年シーズンに大ケガを負ったロバート・クビサの代役としてルノーから参戦。しかし、シーズン途中でブルーノ・セナにシートを奪われてしまい、F1残留は絶望的な状況だ。

スイス誌『Speed Week(スピード・ウイーク)』によると、ハイドフェルドはFIAが新たに制定したWEC(世界耐久選手権)に参戦するチーム、アングロ・スイス・レベリオンに所属することになりそうだ。

ハイドフェルドはローラのプロトタイプマシンでテストを行う予定となっているが、有名なル・マン24時間耐久レースだけでなく、スパ・フランコルシャンやセブリングが舞台となる耐久レースにも挑戦することになるという。

© ESPN Sports Media Ltd.