News

  • カルン・チャンドック

チャンドック、耐久シリーズに参戦

Me
2012年1月12日 « ホーナー、レッドブルの考えを支持 | 浜島氏を歓迎するアロンソ »
2011年のレースはドイツGPの1戦だけだったチャンドック © Sutton Images
拡大
関連リンク

カルン・チャンドックがJRMレーシングと契約し、世界耐久選手権(WEC)でレースをすることになった。

2011年にチーム・ロータス(今季ケータハム)のサード&リザーブドライバーを務めたチャンドックはすでに新たなi1スーパーシリーズへの参戦を発表している。だが、シャープさを保つためにはもっと恒常的にレースに出る必要があると述べており、今回の発表につながった。このシリーズにはル・マン24時間が含まれ、いくつかの6時間耐久レースやセブリング12時間も組み込まれている。チャンドックはシリーズがF1レースシートに"次ぐベストオプション"だと語った。

「JRMレーシングに加わり、WECに参戦できることになってすごくワクワクしている」とチャンドック。「もちろん、もう一度レースに出られることになってすごくうれしいよ。2011年の終わりにF1でレースができないかと模索し、その可能性が低いと分かると外へ目を向け、WECがベストオプションだと思った。クルマは時速360km以上のスピードが出るし、カレンダーも素晴らしく、チームやドライバーのレベルも非常に高い」

ル・マンとセブリングに参戦する初のインド人ドライバーとなることが今年のハイライトになると彼は認めた。

「すべてのレースが楽しみだけど、インド人として初めてセブリング12時間とル・マン24時間のグリッドにつけるのはすごく光栄だよ。僕はこれまでマカオ、シルバーストーン、スパ、モナコという数々の伝統ある場所で表彰台に上がってきた。そのリストにいつかセブリングとル・マンも加えることができたら最高だね!」

今のところF1カレンダーと重なっているのは1戦だけであり、セブリングが開幕戦のオーストラリアGPと同じ週末に開催される。

© ESPN Sports Media Ltd.