News

  • F1

チーム別に新たなコンコルド協定締結か

Me
2011年12月28日 « 幻のザウバーマシン画像が流出 | もっとアグレッシブになりたいとリカルド »
フェラーリ、レッドブルが個別にエクレストンと新たな協定にサインしたとのうわさがある © Sutton Images
拡大
関連リンク

フェラーリとレッドブルがそれぞれ個別にF1最高責任者のバーニー・エクレストンと新たなコンコルド協定にサインした可能性があるという。

2チームはチーム連盟のFOTAから最近脱退している。

現行のコンコルド協定はチーム、商業権所有者、そしてFIAの3者間で交わされた合意で、2012年末で失効する。

ドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』は新たな合意を締結済みとのうわさを否定するフェラーリ会長、ルカ・ディ・モンテゼモーロのコメントを報じた。

「交渉は1月からスタートする」と彼は述べた。

大規模チームと個別に取引することで、エクレストンは――一例として――フェラーリ、レッドブルに金額アップを約束する一方で、収益の配分引き上げを狙うFOTAグループの力を弱めることが可能となる。

モンテゼモーロは次のように付け加えた。「グループとして、あるいは個別での契約にかかわらず、合意は達成されるはずだ」

© ESPN Sports Media Ltd.