News

  • カルン・チャンドック

チャンドック、テストドライバー継続へ

Kay Tanaka
2011年12月21日 « アジアが舞台のi1スーパーシリーズが発足 | 来年にも2014年型エンジンを試すルノー »
2012年もいずれかのチームでテスト&リザーブドライバーを務める可能性が高いようだ © ESPNF1
拡大
関連リンク

カルン・チャンドックは、2012年シーズンにいずれかのチームでテスト&リザーブドライバーを務めることを意図しているようだ。

チャンドックは2010年にHRTでF1デビューを果たし、今シーズンはチーム・ロータス(ケータハム)にリザーブドライバーとして加入。何度か金曜フリー走行に出走し、ドイツGPではヤルノ・トゥルーリに代わってレース参戦を果たした。しかしチームはトゥルーリとヘイキ・コバライネンを再び起用すると決めており、チャンドックとしてはまたリザーブドライバーを務めるしかなさそうだ。

チャンドックは「いいスポンサー資金を持っているドライバーたち」とレースシートを争うことは「難しい状況」と考えている。

『Press Trust of India』に対して「僕としては再びテストドライバーを務める準備をしているんだ。ほとんどのチームが2012年シーズンのレースドライバーを発表しているからね。残っているのはウィリアムズとHRTの2つぐらいだろう。だから状況は少し難しいけど、僕としてはハードワークする準備ができているよ」とコメントしている。

© ESPN Sports Media Ltd.