News

  • F1

F1チーム勢、エクレストンと面会へ

Kay Tanaka
2010年1月14日 « 開幕戦にワールドチャンピオン経験者が集結 | フェラーリ、サードカーを他チームに供給? »

F1チーム勢は2月1日(月)に、さらなるルール変更についてバーニー・エクレストンと会談するようだ。

13日(水)にマドンナ・ディ・カンピリオで行われたイベントの記者会見に出席したフェラーリ代表のステファノ・ドメニカリによれば、第1回プレシーズンテストが開幕する2月1日のバレンシアでF1委員会の会合が開催される。

議題となるのはKERS(運動エネルギー回生システム)、ポイントシステム、ダブルデッカーディフューザー、予選システムになるようだ。ドイツメディアの報道によると、ドメニカリは「KERSは高価すぎるし、どのチームにとっても同じ状況になるということが重要だ。2011年に向けて新しいシステムを見つけたい」と語ったという。新しいポイントシステムは勝者に大きな利益が与えられるように考えられていることを認めるドメニカリは、現在のテスト制限ルールが厳しすぎるとも述べている。

「ミハエル・シューマッハがGP2マシンをテストしていることが、われわれには変化が必要なことを十分に証明しているだろう。もっとテストが必要だ」と語ったドメニカリは近い将来、チーム勢がアメリカに目を向ける必要があるとも指摘している。

一方ドメニカリは、フェラーリのリザーブドライバーを務めるジャンカルロ・フィジケラが2010年に別のチームでレースをする可能性を認めた。また、今月20日(水)にはスペイン・バルセロナでヴァレンティーノ・ロッシにテストドライブのチャンスを与えるようだ。

フェラーリのニューマシンは2月1日のバレンシアテストでデビューするが、最初にステアリングを握るのはフェリペ・マッサのようだ。しかしマッサの走行は初日のみで、2日目と最終日はフェルナンド・アロンソが新車の感触を味わうという。

© ESPN Sports Media Ltd.