News

  • ストーブリーグ

グロージャン決定までに多様な憶測

Me
2011年12月9日 « どうなる? FOTA | ウィリアムズとの交渉を認めるスーティル »

キミ・ライコネンの2012年チームメイトがロマン・グロージャンに決定したが、正式発表までにはさまざまな憶測が渦巻いていた。

ロータスF1チームと名を変えるルノーが9日(金)にドライバーラインアップを発表することは事前に国際メディアの間でささやかれていた。

だが取りざたされた候補者は実にさまざまで、2011年のドライバーを務めたブルーノ・セナ、ヴィタリー・ペトロフはもちろんのこと、エイドリアン・スーティル、ルーベンス・バリチェロといった他チームのドライバー、さらにはすでに契約が発表されているチーム・ロータスのヘイキ・コバライネンやヴァージンのティモ・グロックといった名前まで浮上した。

実際、2012年にロシアのスーパーカーメーカー、マルシャの名前を名乗ることになるヴァージンが、共に2012年の契約を持つペトロフとグロックを交換することはあり得ると考えられた。

「(ロータス・ルノーの)チームオーナー、ジェラルド・ロペスはライコネンのパートナーが経験者になると発言した」とイタリアの『Tuttosport(トゥットスポルト)』などは報じており、「グロックなら彼らの条件にぴったりだ」と盛り上がっていた。

さらに突飛なうわさとして、ザウバーと契約済みの小林可夢偉のシートが危ういといった話も飛び出したが、『Blick(ブリック)』がスイスのチーム関係者に問い合わせたところ、"驚き"のコメントが返ってきたそうだ。

結局、グロックや可夢偉のうわさは大外れだったようで、権威あるフランスの『Auto Hebdo(オート・エブド)』(フランス)やドイツの『Speed Week(スピード・ウイーク)』などは、ロータス・ルノーがジェニーのマネジメント下にあるGP2チャンピオンのグロージャンを選んだと報じていた。

『Autohebdo.fr』によると今週エンストンで重役会が開かれ、エリック・ブーリエのチーム代表続投とグロージャンのレースドライバー昇格が承認されたという。

『Speed Week(スピード・ウイーク)』のピーター・ヘスラー記者は発表の直前に「ロータスは9日にグロージャンを2012年のセカンドドライバーとして発表するとエンストンから聞いている」と記した。

© ESPN Sports Media Ltd.