News

  • F1

FIAが2014年暫定レギュレーションを発表

Me
2011年7月21日 « ロータス、トゥルーリと契約延長へ | 「経験を培うレースになる」とチャンドック »
2014年のF1マシンは電力でピットレーンを走ることになる © Sutton Images
拡大

FIAが現在のV8に代わって1.6リッターV6ターボエンジンが登場する2014年シーズンの暫定テクニカルレギュレーションを発表した。

2014年のレギュレーションによると、チームらはピットレーンでERS(エネルギー回生システム)を使い、電力で走行しなければいけない。これは現在使用されているKERS(運動エネルギー回生システム)技術に加えて排気熱からエネルギーを回生するものだ。KERSのパワーは60kWから120kWに増やされ、オーバーテイクの際により大きなパワーブーストを利用できることになる。

また新規則では1万5,000rpmに制限される新V6エンジンの重量、材質、マウンティングについても概説している。燃料フローは100kg/hに制限され、ドライバーがコックピット内でエンジンを始動できるようにしなければいけない――現在のF1では外部スターターが使われている。エンジニアたちにはギアが現在の7速から、8速に増えるという新たな課題も設けられた。

ボディワークに関してはフロントウイングの幅が現在のものより150mm狭くなり、それより後ろの部分についても外見をタイトに見せるいくつかの変更点がある。

2014年レギュレーションの詳細はこちらでご覧いただけます。(FIA公式サイト:pdfファイル、英語のみ)

© ESPN Sports Media Ltd.