News

  • スペインGP - 決勝

ベッテルが4勝目! 可夢偉は10位入賞

Kay Tanaka
2011年5月22日
5戦目にして4勝を挙げたベッテル © Sutton Images
拡大
関連リンク

22日(日)日本時間21時から2011年F1世界選手権第5戦スペインGPの決勝レースが、バルセロナのカタロニア・サーキット(全長4.655km)で行われた。決勝の周回数は66周、レース距離は307.104kmだ。

前日の公式予選ではマーク・ウェバー(レッドブル)が今シーズン初のポールポジションを獲得し、チームメイトのセバスチャン・ベッテルを抑えた。昨年のアブダビGPから続いていたポールポジション獲得記録は5戦で途絶えたベッテルだが、レッドブルはフロントローを独占している。3番手にルイス・ハミルトン(マクラーレン)、4番手に母国グランプリを迎えているフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、5番手にジェンソン・バトン(マクラーレン)となった。小林可夢偉(ザウバー)はQ2のアタックでトラフィックを抱えたこともありタイムを更新できず、14番手となっている。

レーススタート時の天気は晴れ。気温は26℃、路面温度は34℃、湿度は32%。タイヤサプライヤーを務めるピレリは今回のレースに、ソフトコンパウンド(オプション/ソフトタイヤ)とハードコンパウンド(プライム/ハードタイヤ)という2種類のタイヤを投入した。ここまでの4戦と同じアロケーションだが、ハードコンパウンドは耐久性を増した新設計のものとなっている。

上位勢をはじめ、多くのドライバーはオプションタイヤでのスタートを選択。しかしエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)やニック・ハイドフェルド(ルノー)らはプライムタイヤでのスタートを選んだ。

全24台がフォーメーションラップを終えてスターティンググリッドについたところで、レースがスタート! 4番手のアロンソが抜群の蹴り出しを見せてウェバーのインサイドを突き、トップで第1コーナーを通過した。ベッテルもウェバーをかわして2番手に浮上し、3番手ウェバー、4番手ハミルトン、5番手ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)、6番手ミハエル・シューマッハ、7番手ニコ・ロズベルグ(共にメルセデスGP)、8番手セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)、9番手フェリペ・マッサ(フェラーリ)、10番手ジェンソン・バトン(マクラーレン)と続いた。

可夢偉はスタートでいくつかポジションを落としたが、左リアタイヤのパンクチャーに見舞われてしまいオープニングラップで緊急ピットイン。オプションからプライムに履き替えたが、ポジションは最後尾となった。

レースは8周目に入っても上位勢のポジションは変わらず、先頭アロンソ、2番手ベッテル、3番手ウェバー、4番手ハミルトンがそれぞれ0.8秒ほどの差を保って周回を重ねたが、5番手ペトロフのペースが上がらずハミルトンから10秒遅れとなった。また11番手を走行していたセルジオ・ペレス(ザウバー)が1回目のピットストップを行い、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)も続いている。

9周目の終わりにベッテルがピットストップを行い、9番手でコース復帰。バトンの後ろについたが、ターン5でオーバーテイクを決めて8番手に浮上、さらに前のマッサとメルセデスGP勢にプレッシャーをかけながら走行した。10周目の終わりにはアロンソ、ウェバー、シューマッハがピットイン。ハミルトン、ペトロフ、ロズベルグ、マッサは11周目の終わりにピットストップを行った。

上位勢ではバトンが1回目のピットストップを14周目まで遅らせ、5番手でコースに戻った。先頭アロンソ、2番手ベッテル、3番手ハミルトン、4番手ウェバーという序列となり、17周目になるとトップ3は0.6秒間隔で走行。ウェバーはハミルトンから1.7秒後ろだ。

18周目の終わりに2番手ベッテルがピットストップを行い、新品のオプションタイヤを装着して4番手でコースに戻った。スペースがあるところでコースに復帰したため、アロンソを逆転する作戦だ。次の周でアロンソとウェバーがピットに向かったが、ハミルトンは走行を継続。ベッテルはアロンソの前に立つことに成功し、ハミルトンは23周目の終わりにピットに入ったが、ベッテルの後ろ、アロンソの前でコースに戻った。これで序列はベッテル、ハミルトン、アロンソ、ウェバー、バトンと続いている。可夢偉は18位を走行していた26周目の終わりに2回目のピットストップを実施した。

29周目の終わりに3番手のアロンソと4番手のウェバーが同時ピットイン。ピットレーンでウェバーが逆転しかけたがアロンソも譲らず、この2人の順位は変わらなかった。翌周にバトンがピットに入っている。

33周を終え後半戦に入ったレースは、先頭ベッテルが2番手ハミルトンに1.2秒差をつけて周回。3番手アロンソはハミルトンから36秒遅れており、背後にはぴったりウェバーがつく厳しい状況だ。ベッテルは34周目の終わりにピットストップを行い、次の周にはハミルトンもピットイン。それでも両者の順位は変わらない。一方、ウェバーはバックストレートエンドでアロンソをかわしたが、すぐにアロンソも差し返す。このポジション争いをしたことで5番手バトンが接近し、ホームストレートでDRS(ドラッグ減少システム/可変リアウイング)を使ってウェバーをかわした後にセクター3の低速セクションでアロンソもパス、3番手に浮上した。

レース残り20周になると、ベッテルに対してチームから「KERSを使うな」と無線で指示が飛んだ。この無線はマクラーレンも聞いており、ハミルトンに対して情報を伝達。2台のタイム差は1.1秒ということもあり、コース上でオーバーテイクするチャンスを狙うようだ。可夢偉は46周目に3回目のピットストップを行った。

47周目の終わりにウェバーがピットストップを行ったが、翌周にはベッテルもタイヤ交換。一方、ハミルトンはステイアウトを選択したが、49周目にピットストップを実施。再びベッテルが先頭となった。

51周目にコバライネンがターン4でコースを外れてクラッシュ! コバライネンは自力でマシンを降り、リタイアとなった。

13番手を走行する可夢偉はストレートエンドでマルドナドをオーバーテイクし、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)がピットストップを行ったこともあって11番手に浮上。10番手を走行するチームメイトのセルジオ・ペレスまで6秒に迫り、残り12周となった。ペレスの前を走るペトロフは1分31秒台だが、ペレスは1分29秒台、可夢偉は1分27秒台後半から1分28秒台前半で周回してギャップを縮めた。

先頭争いもハミルトンがペースを上げたことでギャップは縮まり、タイム差はホームストレートでDRSを使用できる1秒以内となった。ハミルトンはDRSとKERSを使って追い上げるが、ベッテルのマシンもKERSを使用できる状況になったようで、ポジションを守った。

一方、激しい争いになったのは下位入賞争い。9番手を走っていたペトロフがペースを上げられず、ペレスがオーバーテイク。さらにペレスはマッサもかわして8番手に浮上したが、マッサはギアボックストラブルに見舞われてしまい、コース脇でマシンを止めた。ハイドフェルドと可夢偉もペトロフをかわし、それぞれ9番手と10番手に浮上したが、ハイドフェルドはペレスを抜いて8番手につけた。

レースは残り3周。ベッテルは再びKERSを使えない模様で、ハミルトンがKERSとDRSを使って追い上げるが、ベッテルはコーナリングでアドバンテージを発揮し、0.7秒以上詰めることができない。

ベッテルはそのままハミルトンを抑え込み、今シーズン4勝目をゲット! 0.6秒後にハミルトンがチェッカーを受け、2位となった。3位にバトン、4位にウェバー、5位にアロンソが続いている。

6位にシューマッハが入り、チームメイトのロズベルグを0.8秒抑え込んだ。24番グリッドからのスタートになったハイドフェルドは、8位入賞を達成している。ペレスはF1初ポイントを手にする9位、可夢偉はオープニングラップを終えた段階で最下位となったものの、一貫したペースとコース上でのオーバーテイクで10位入賞。これで4戦連続入賞だ。完走21台、リタイアは3台という66周のレースだった。

ファステストラップを刻んだのはハミルトンで、52周目に1分26秒727をマークしている。

次戦はF1カレンダーで最も華やかなレースとして知られるモナコGPで、来週末に開催される。最初のセッションとなる金曜フリー走行は26日(木)日本時間17時にスタートする予定。公式予選は28日の日本時間21時から、決勝レースは29日の日本時間21時から行われる予定となっている。

© ESPN Sports Media Ltd.