News

  • ザウバー

投資家と首脳陣を探すザウバー

Jim
2009年12月1日 « 若手ドライバー参加のヘレステスト開始 | F1からの完全撤退を決めたトヨタ »

ヒンウィルを拠点とするチームが2010年のチャンピオンシップへの参戦が認められた場合、ペーター・ザウバーは投資家と新たなマネジメントを探し始めるという。

2006年、ザウバーは株式の大半をBMWに売却し、うち20%を保有した状態でスポンサーコンサルタントという役目に退いた。しかし、BMWがF1から去り、『Qadbak(カドバック)』への売却が失敗に終わったことから、不本意ながらもスポンサー名簿と共にザウバーがF1のスポットライトの下に戻ってくることになったのだ。

ザウバーはドイツ語の『Schweizer Fernsehen』に対し、「先の3年や4年をピットウオールに」座って過ごすつもりがないため、中期的な目標は新たな投資家と幹部を探すことだと明かしている。

現在はチームオーナー兼代表を務めるザウバーは、自らが1993年に創設したチームを救う義務があると感じたのだと語る。

「おそらく、ヒンウィルは閉鎖され、全員が職を失うことになっただろう。ヨーロッパで最大級の風洞も無駄になるところだった。そうなれば非常に残念な話だ」

11月30日(月)にFIAが公表したエントリーリストにザウバーの名はなかったが、ザウバーは今後数日中にも正式に参戦が認められ、2人のドライバーと契約できるはずだと自信を見せている。

チームの参戦承認が遅いからといって、市場から優秀なドライバーを選べなくなるわけではないと話すザウバーはこう続けた。

「ニック・ハイドフェルドやヤルノ・トゥルーリのように経験豊富なドライバーがいるし、ペドロ・デ・ラ・ロサはここから近いチューリッヒに住んでいるしね。それから(ヴィタリー)ペトロフやコバヤシ(小林可夢偉)、若手も何人かいる」

© ESPN Sports Media Ltd.