News

  • HRT

リウッツィがHRTのシートを確保?

M.S.
2011年3月7日 « HRTのシートを狙うクリエン | ピレリ、シューマッハ向けデザインを否定 »
合意が正式なものになるのも間近? © Sutton Images
拡大

ビタントニオ・リウッツィが2011年のグリッドに残された最後のシートをつかもうとしているとスペイン『AS(アス)』紙が伝えた。

6日(日)にはリウッツィのレッドブル時代のチームメイト、クリスチャン・クリエンもまだHRTのレースシート争いに残っていると語っていたが、同紙は「最終的な詳細はまだ不明ではあるものの、ヒスパニア(HRT)とリウッツィの合意は正式なものになろうとしている」と主張。

29歳でイタリア出身のリウッツィは2011年の契約があったにもかかわらずフォース・インディアから放出された後、他の候補者であるジョルジオ・モンディーニと共に2010年型マシンでHRTのテストに参加した。

さらにアス紙はHRTが2011年の新車をプレシーズン最終テストが行われるカタロニア・サーキットで9日(水)もしくは10日(木)にお披露目するとも報じている。

現段階でHRTのドライバーに起用されているのは、同チームが唯一公式に明らかにしているスポンサーである『Tata Motors(タタ・モーターズ)』とつながりを持つナレイン・カーティケヤンだ。

スイス『Blick(ブリック)』紙のレポーターはリウッツィとクリエンがメインの候補者であることを認めつつ「(コリン)コレスはカーティケヤンを得た以上、新たに金を運ぶロバを探してはいけないことに気づいたのだろう」と述べている。

© ESPN Sports Media Ltd.