News

  • KERS

「KERS無しではスタートで苦しむ」

Me
2011年2月2日 « ルノー型エキゾースト、早くも模倣? | ヴァージンが経営陣を再編 »
2011年、トップチームたちは皆KERSを搭載してきた © Getty Images
拡大

レッドブルとメルセデスGPは共にKERS採用を迷わなかったといい、2011年に良いスタートをしたければ不可欠なシステムだと語っている。

2009年はどちらもタイトなパッケージの中に組み込むことが困難だったため、KERSを使わなかったチーム(メルセデスGPは当時ブラウンGPと呼ばれていた)だが、両者はKERS無しでも成功を収めていた。一方でフェラーリとマクラーレンはKERSを使用し、グリッドはたいてい彼らより後方ながら、しばしば1コーナーでレッドブル、ブラウンGPを苦しめた。

パッケージの問題を解消しようとしたFIAはマシンの最低重量を20kg引き上げ、その結果新車にKERSを搭載しなかったのはロータス、ヴァージンとHRTだけになった。レッドブルのテクニカルディレクター、エイドリアン・ニューイはKERSを受け入れるしか選択肢はなかったといい、それを外せばスタートラインで置いていかれることを意味すると述べた。

「2009年に明らかになったことの1つは、スタートラインでのKERSのパフォーマンスが重要だということだ」と語ったニューイ。「幸いにもわれわれが戦っていた相手は同じくKERSを持たないブラウンだったため、その意味ではお互いに優位性はなかった。今年はマクラーレン、フェラーリ、メルセデスGPが皆KERSを載せてくるため、全員が間違いなく非常にコンペティティブだろう。ほかの理由がないとしても、オフラインのパフォーマンスだけでも必要だった」

解決するのと同じくらい多くの問題をもたらすKERSだが、RB7は搭載を前提にデザインしたとニューイは述べた。

「KERSについてはチャレンジだ。中でも大きいのは空力で必要以上に妥協することのないソリューションを見つけることで、そうでなければKERSを載せることで得た利益を失ってしまうことになる」と彼は付け加えた。「パフォーマンスを確信できるように、今年はプレシーズンを通しての開発を精一杯進めている」

メルセデスGPチーム代表のロス・ブラウンも今シーズンのスタートでシステムが必要だとの意見に同意し、2009年にマクラーレンが使用したメルセデス製システムは最優秀レベルの1つであるとの自信を見せた。

「KERSを導入するには今が適切な時期だ。2009年に何度も、KERS搭載マシンのスタートパフォーマンスが非常にドラマチックなのを見たはずだ。2011年にKERSを持たないと、たとえ予選で優れたパフォーマンスを発揮したとしてもスタートで問題を抱えることになる。われわれにとっては正しい判断だったし、うちにはグリッド上で優秀とされるシステムの1つがある」

© ESPN Sports Media Ltd.