News

  • フェラーリ

レッドブルドライバーは自由に戦うべきとアロンソ

M.S.
2010年11月8日 « 将来のプランに口を閉ざすゴーン会長 | いまだ不明なヒュルケンベルグの今後 »
レッドブルは哲学を通すべきと語るアロンソ © Getty Images
拡大

レッドブルはこれまでチームのドライバーたちに説き、許容してきたように、シーズン最終戦のアブダビGPでもお互いチェッカーフラッグまで戦うとの考えを実践すべきたと言うのがフェラーリのフェルナンド・アロンソだ。

現在ランキング2位のマーク・ウェバー(レッドブル)に8ポイントの差をつけてリードするアロンソは、2位で最終戦を終えればタイトルを手にする。しかしながら、ブラジルGP勝者のセバスチャン・ベッテルがチームメイトのウェバーをリードするならば、アロンソは4位か5位でいい。

ドイツGPでアロンソとコンビを組むフェリペ・マッサが道を開け、アロンソを勝利に導いたことにより、アロンソのタイトルへの挑戦は助力を得ていた。しかし、ライバルのレッドブルの状況については、アロンソは異なる見方をしているようだ。

「レッドブルは平等性を説くことに3カ月を費やしてきたのだから、今、同じ哲学を継続するべきだね」と『El Pais(エル・パイス)』に語るアロンソ。

また、アロンソはアブダビでの目標ははっきりしており、それを達成できると100%の自信を持っているという。

「僕はただ、2位でフィニッシュすればいい。僕が2位なら、誰がアブダビで勝とうが関係ないんだ。だから、僕らのメインの目標は土曜日にポールポジションを獲得し、日曜日のレースで勝つことだ。もし、僕らに十分な速さがなくてそれができないなら、2位にトライするさ。それで問題は終わりだ」

ブラジルGPではレッドブルのペースに置いていかれたフェラーリだが、アブダビでは競争力を見せるだろうとアロンソは自信を覗かせる。

「ここ(ブラジル)では、もっと予選がよければ、もしくは予選がドライならばスタートでレッドブルをオーバーテイクできたかもしれない。僕らのスタートはとても良かったし、そうすればレースが変わっただろう。アブダビで土曜日に彼らの前にいられるかは見てみよう。もしダメなら、スタートが僕らの次のチャンス。そこからどうなるかだね。前にも言ったように、僕が5位でセバスチャン(ベッテル)が勝つなら、セバスチャンがワールドチャンピオンだろう。彼らにとっても、誰がレースで勝つかなんて、そうはっきりしてはいない」

© ESPN Sports Media Ltd.