News

  • ザウバー

カドバックのザウバー買収崩壊?

ESPNF1 Staff
« ブラウンGPの体制に満足とハウグ | F1からの完全撤退を決めたトヨタ »

スイスの週刊紙『Sonntagszeitung(ツァイトゥング)』によると、カドバックグループによるザウバーチームの買収が崩壊寸前だという。

同紙が伝えるところによれば、カドバックの中心人物は保険詐欺による服役経験があり、裁判所によって資産が凍結されているラッセル・キング氏とのこと。

BMWとトヨタのF1撤退を受け、ザウバーは目下、2010年のF1参戦を目指してFIAからの正式なエントリー承認を待っているところである。

しかし、うわさとは違い、同紙はカドバックのF1投資家は実際のところ富裕な中東資金を有しているわけではないとも報じている。これを考えると、FIAが来季のエントリーの承認をためらっているのは実際の資金提供がないことが理由かもしれず、BMWの法務部でさえ、キング氏がこのプロジェクトに資金をもたらすことができないと知り、驚いたということだ。

ドバイを拠点とするキング氏は2009年シーズンをランキング6位で終えたBMWザウバーの商業収入をあてにしていたと見られているが、FIAは支払い前に資金支援の保証を求めている。

また、9月の報道では、キング氏が数年前にドバイに本拠地を置くF1チームの設立に力を注いでいたとされており、既存チームがカドバックのザウバー買収を懸念する理由はここにあるようだ。

FIAが最終的な2010年エントリーリストを公表するのは11月末と予想されている。

© CAPSIS International