News

  • 韓国GP

韓国、FIAの検査前日に舗装を終える見込み

Me
2010年10月6日 « 来年はナンバー2に甘んじるつもり無しとマッサ | フォース・インディアの元スポンサー、逆転勝訴 »
FIA最終審査の1日前に路面の舗装が完成する見通し © Korean Grand Prix
拡大

韓国に建設中のF1サーキットがほぼ完成に近づいたことを霊岩(ヨンアム)のサーキット関係者が明らかにした。

建設の遅れでイベント初開催には懸念も広がっており、FIAの審査も日本GP決勝の翌日――韓国で初日の走行が始まるわずか11日前に実施されるという異例の展開を見せている。

しかし、レース主催者KAVOのコミュニケーション代表、キム・ジェホ氏は『Korea Times(コリア・タイムズ)』紙に対し、工事が"98から99%完了"したことを明かした。

最後の重要な工程は、アスファルト表層の施工で、重要性の低いものは後回しになる可能性が高い。

「視察団が最優先するのはコースの安全性と適性のはずで、きれいさや一時的な措置はそれほど問題にならないはずです」とキム氏は付け加えた。

最上層の施工は5日(火)に開始され、6日間で終わる予定だ――ちょうどチャーリー・ホワイティングが鈴鹿から現地に到着する頃だろうか。

「査察の前にやり遂げなければならないことは路面の仕上げだけです」とキム氏は断言。

2週前、F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、韓国の審査日程を遅らせたことは"かなり危険である"と発言しているが、記事掲載紙によると他のサーキットでも同様の事例はこれまであったという。

「われわれも期限を守ろうと努力しました」とキム氏は説明。

「しかし、最大の敵は天候でした。雨が多すぎたのです。今年は例年では考えられない気候でした」

「率直に言って、われわれに(韓国)はサーキットの建設経験がほとんどありません。しかし、完成が遅れたとはいえ、必ずやレースにとってパーフェクトな会場をご提供できるでしょう」と彼は請け負っている。

© ESPN Sports Media Ltd.