News

  • パストール・マルドナド

新GP2王者マルドナドのF1昇格は?

Kay Tanaka
2010年9月12日 « アロンソが勝利! ハミルトンはリタイア | 重傷を免れたHRTメカニック »
ベネズエラ出身のマルドナドが新GP2王者に輝いた © Sutton Images
拡大
関連リンク

今週末に開催されたGP2のイタリアラウンドで新王者に輝いたパストール・マルドナドが、2011年のF1昇格に近づいているようだ。

ベネズエラ出身で25歳のマルドナドはフェリペ・マッサのマネジャーとしても知られているニコラス・トッドのマネジメントを受けている。2011年シーズンにはメインスポンサーの『PDVSA』を引き連れ、ザウバーに加入するとのうわさがあるようだ。

またマルドナドはベネズエラのウゴ・チャベス大統領とも近しい間柄にあり、ブラジルのジャーナリストであるリビオ・オリキオは、マルドナドのF1昇格が間近と指摘している。

「ただ1年とどまるためにF1に昇格したいとは思わないよ」と『O Estado de S.Paulo』紙に語るマルドナド。

「すごく歴史的な瞬間だ。僕たち(ベネズエラ人)は長い間F1で戦っていなかったけど、今はかなり興味を示されている」と話し、こう続けた。

「僕らの政府のモータースポーツ支援策は成功しているよ。彼らは僕をF1に上げるために6年ほど投資してくれているけど、今の僕はチャレンジする準備ができている」

マルドナドは契約締結に近づいているとほのめかしたが、マネジャーのニコラスがザウバーを買収する可能性もうわさされている。

「アブダビのレースまでに契約が完了したら最高サーキット。そうしたら、新しいF1チームとアブダビGP後のテストに臨めるだろうからね」

© ESPN Sports Media Ltd.