News

  • FIA

FIAがハミルトンのテイラーTシャツについて調査

Jim
2020年9月15日 « フェラーリの窮地を認めるカミレリCEO | マクラーレンは口先だけではなく行動で示したとブラウン »
© Dan Istitene - Formula 1/Formula 1 via Getty Image
拡大

モータースポーツ統括団体であるFIAが、トスカーナGPでブリオナ・テイラーさんの死に抗議するTシャツを着用したルイス・ハミルトン(メルセデス)がルールに違反していた可能性を調査している。

14日(月)、FIAの広報担当官は『BBC』に対し、FIAが非政治的な組織であり、本件を「積極的に検討」していると明かした。

黒人女性のテイラーさんは3月13日、薬物事件の調査中だった警察官が無断立ち入りの令状を使用して突入したケンタッキー州ルイビルの自宅アパートで射殺された。享年26。

13日(日)に開催されたトスカーナGP決勝レース前、反人種差別運動の一環としてF1が実施している『End Racism(人種差別撲滅)』の活動に、前面に「ブリオナ・テイラーを殺した警察官を逮捕せよ」とのメッセージが書かれ、背中にはテイラーさんの顔写真とともに「彼女の名前を呼ぼう」との文字が添えられたTシャツを着て現れたハミルトン。レース後の表彰式にもTシャツを着て参加している。

レース後のテレビインタビューでは「ブリオナ・テイラーへの正義だ」と明かしたハミルトンはムジェロ以前のレースでは毎回"ブラック・ライブズ・マター"と書かれたTシャツを着ていた。

今回のTシャツを着た理由についてハミルトンはレース後に次のように説明している。

「どこかの道で殺されている人たちがいるという事実に気づいてもらいたいと思ってきた。そして、自宅で殺された人がいて、その人たちは家を間違ったのにまだ自由に歩けるんだ」

© ESPN Sports Media Ltd.