News

© ANDREW BOYERS / POOL / AFP
拡大

フェラーリ代表のマッティア・ビノットは、F1 70周年記念GPでのチーム戦略が「意味をなさなかった」というセバスチャン・ベッテルの主張を否定し、スタート直後にスピンしたことによってベッテルは自らのレースに妥協を強いたのだと述べた。

シルバーストーンでのレースを終えたベッテルはフラストレーションをあらわにし、スタート前に、ピットストップ後のトラフィックに巻き込まれる状況は回避しようと話し合っていたにもかかわらず、フェラーリがまさにその通りのことをしたと不満げだった。ベッテルはマクラーレンのカルロス・サインツと並んで突入した第1コーナーで、接触はなかったものの、スピンを喫しており、ベッテルのレースは早々にして崩れた。

ビノットはそれ以降に起きたどんな出来事よりも、結局はこのスピンが12位に終わったベッテルのレースを決定づけたと話している。

4度の世界チャンピオンであるベッテルがフェラーリへの信頼を失ったかどうか尋ねられたビノットは『Sky Italia(スカイ・イタリア)』に「セバスチャンが信頼を失ったとは思わない」とコメント。

「彼は予選や過去2戦でマシンに自信を持てておらず、困難な時期を経験している。今回は縁石に車輪を乗せてスピンしており、レースは困難であった」

ビノットはチームが選んだ戦略でベッテルはタイムを失っていないとも付け加えている。

「私は正直、戦略について話すことはほとんどないと思う。もしかすると(キミ)ライコネンに対してポジションを失ったのは呼び出しが数周(早かった)ということはあるかもしれない。しかし、われわれには彼がタイムロスすることなくリカバーしてくれると分かっていた」

「それによってシャルル(ルクレール)は巻き返し続けられた。全体としてはチームにとって正しい選択であり、セバスチャンを不利にしたとは思っていない」

「ベッテルはキミからすぐに(ポジションを)取り戻し、(ダニール)クビアトはベッテルと同じくらい速く走っていたのでオーバーカットできなかっただろうが、(カルロス)サインツはアンダーカットしている」

「彼のレースはスタートで妥協を強いられた。採用された戦略ではなく、それが鍵だったと思う」

シーズン5戦を終えて、ベッテルはチャンピオンシップで13位にとどまっている。

© ESPN Sports Media Ltd.