News

  • F1

FIAはルノーの抗議を支持、レーシング・ポイントに罰金と減点

Jim
2020年8月7日 « ヒュルケンベルグが再度代役、ペレスは再び陽性結果 | 慎重にタイヤ戦略を見極めるアルファ・タウリ »
© Rudy Carezzevoli/Getty Images
拡大

FIAはレーシング・ポイントのマシンの合法性に関するルノーの抗議を支持し、レーシング・ポイントに対して40万ユーロ(約5,000万円)の罰金と、15ポイントのチャンピオンシップポイント減点処分を科した。

2月に実施されたプレシーズンテストから、レーシング・ポイントの2020年型マシンとメルセデスの2019年型マシンの類似性が話題になっており、RP20は"ピンク・メルセデス"とも呼ばれるようになった。レーシング・ポイントはメルセデスからインスピレーションを得たことを否定していないものの、ルールの範囲内で設計されており、チーム独自の知的財産であることを証明できると主張し続けている。

しかしながら、ルノーは中団グループのライバルであるレーシング・ポイントの2020年型マシンに関して、シュタイアーマルクGPからハンガリーGP、先週末のイギリスGPと3戦続けて異議を申し立ててきた。

主な主張は、レーシング・ポイントのブレーキダクトが2019年にメルセデスが使用していたものを直接的に複製したものであり、特定のパーツに関しては各チームの独自の設計および製造であることを義務付けたレギュレーションに違反しているという点だ。シュタイアーマルクGPでの抗議を受けて、FIAの技術部門が調査のためにレーシング・ポイントのリアおよびフロントのブレーキダクトを押収、メルセデスには2019年に使用したサンプルを提出するよう求めている。

7日(金)、シルバーストーンに結果を届けたスチュワードの裁定はルノーの抗議を支持するものだった。

シュタイアーマルクGPでセルジオ・ペレスがドライブしたマシンの使用に対して20万ユーロ、同額がランス・ストロールのマシンにも科されて罰金は合計40万ユーロとなり、各車が7.5ポイントの減点を受けてコンストラクターズ選手権は合計15ポイントの減点だ。

ハンガリーGPとイギリスGPの抗議も支持されているが、この2回のグランプリにおけるマシン使用に関しては戒告処分が科されている。

スチュワードは声明の中で、レーシング・ポイントは「FIA国際競技コード第15条、および、FIAの裁判および懲罰規定第10条1項1号に基づき、適切な期限内にスチュワードが下した特定の裁定に対して控訴する権利を有している」と述べており、通常は裁定発表から1時間以内に控訴の意志があることを表明する必要があるが、問題の複雑さを鑑み、国際競技コードとFIAの裁判および懲罰規定で認められるスチュワードの特権により、控訴意思の表明期限を24時間に拡大したことも発表している。

「上告の意思を表明する期限を、本裁定の正式発表および通達から24時間後の2020年8月8日9時30分(GTM)とする」

© ESPN Sports Media Ltd.