News

  • イギリスGP

「絶滅への反逆」活動家4人がイギリスGPで逮捕

Me
2020年8月3日 « ルクレールが全力を出し切って表彰台 | ピレリ、パンクチャーに関する広範な調査を開始 »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

無観客で開催されたイギリスGPに『エクスティンクション・レベリオン(絶滅への反逆)』の活動家4人が侵入し、ホームストレートに"Act Now(今こそ行動せよ)"というバナーを掲げて逮捕された。

気候変動に抗議する彼らはシルバーストーンのセキュリティーを突破し、ストレートの奥にある広告板の上にピンクのバナーをぶら下げた。バナーはマシンがスタートし、グリッドを離れる際に背景としてF1の国際映像に映し出されていた。

その後、エクスティンクション・レベリオンのサイトに声明が出され、抗議の狙いはレースを妨害することではなく、"世界は気候と生態系の危機を食い止める道から大きく外れている"というメッセージを伝えるためだと主張した。

これまでの全F1レースと同様、イギリスGPも新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から、観客を入れずに開催された。オーガナイザーと地元警察はサーキットに近づかないようファンに呼び掛けており、入場は一切認めないと宣言していた。

どうやって彼らがシルバーストーンのセキュリティーを突破したのかは不明だ。ホームストレートの奥に掲げられたピンクのバナーはレースのスタート後に撤去された。

2日の夕方、シルバーストーンから声明が出されている。「レースの最中に、ノーサンプトンシャー警察は会場内にいた4人の人物をシルバーストーンのセキュリティーが確保したとの通報を受けた。警官たちがシルバーストーン・サーキットと密接に連携し、徹底した調査を行っている。4人は逮捕され、警察に身柄を拘束されている」

© ESPN Sports Media Ltd.