News

  • イギリスGP - ピレリ - 決勝

タイヤ問題の調査に乗り出すピレリ

Saci
2020年8月3日 « ルノー、4位と6位でW入賞 | ルクレールが全力を出し切って表彰台 »
© Clive Mason - Formula 1/Formula 1 via Getty Images
拡大

2日(日)に開催されたシーズン第4戦イギリスGP決勝レースはセーフティカーが導入された序盤のタイヤ交換で1ストップを敢行し、ゴール目前にタイヤトラブルを抱えながらもメルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインを飾った。

ハミルトンは第2スティントに選んだハードタイヤで39周を走破しており、ファイナルラップでパンクチャーに見舞われたものの、必死にマシンを操ってトップチェッカーを受けている。チームメイトのバルテリ・ボッタスがレースを通して2番手につけていたが、タイヤの寿命がつき、緊急ピットインを強いられて11位完走にとどまった。

2位にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが入り、フェラーリのシャルル・ルクレールが3位表彰台に上った。

マリオ・イゾラ(自動車レース責任者)

「最後の2ラップでメルセデスの2台とマクラーレンのカルロス・サインツのタイヤに何が起きたのかはもちろん詳しく調査するつもりだ。今確実に分かっていることは、これらの故障に見舞われたタイヤが極度に消耗していたということであり、しばらくセーフティカーの後ろにいたとはいえ、およそ40周は走行していた。レースはセーフティカーに大きく左右され、2度目のセーフティカーの登場がほぼ全てのマシンにピットストップを促したことで、第2スティントがとても長くなった。分析が完了すれば何が起きたのか全貌が明らかになるだろう。それは来週末のレースにとって非常に貴重な情報となるに違いない」

© ESPN Sports Media Ltd.