News

  • イギリスGP - ルノー - 決勝

ルノー、4位と6位でW入賞

Nobu / Jim
2020年8月3日 « 後半の失速理由を分析する必要があるとライコネン | タイヤ問題の調査に乗り出すピレリ »
© Rudy Carezzevoli/Getty Images
拡大

2日(日)に開催されたシーズン第4戦イギリスGP決勝レースでルノーのダニエル・リカルドが4位に食い込み、エステバン・オコンも6位で入賞を果たした。

ダニエル・リカルド

「最後はクレイジーなレースだったけど、4位を取れたのはとてもクールな気分だ。スタートがうまくいって6番手まで上がったし、ペースも悪くなかった。セーフティカーのリスタートの時、カルロス(サインツ/マクラーレン)に近づいたけどあと少し及ばず、そのせいでランド(ノリス/マクラーレン)に仕掛けられて先に行かれてしまった。ちょっと悔しかったけど、最終的にはその位置が戻ってきた。活発なレースが戻ってきたのは本当にいいことだ。僕たちは終盤でペースが良く、ランド、それからトラブルを抱えていたカルロスをパスできた。シャルル(ルクレール/フェラーリ)が近づいてきて、あと数ラップあれば表彰台に立てていたかも! 来週もチャンスがある。カオスな状況に助けられた面もあるけど、今日は間違いなくトップ6に入るクルマだったし、うれしいね」

エステバン・オコン

「今日のチームの結果にはとても満足している。たくさんのオーバーテイク、たくさんの楽しいバトル、それから最後に素晴らしい結果と、楽しいレースだった。今日はレースでクルマの持つ速さを見せることができた。今日はフィーリングが驚くほど良く、チームのパフォーマンスも力強かった。ブダペストからこのレースまでの間にハードワークをしてくれたエンストンとヴィリーにいるみんなおかげだ。たくさんの議論をして、今日はそれが本当に実を結んだ。日曜日を楽にするために、予選でもっと頑張って前に出る必要がある。来週もさらなるチャンスがある」

シリル・アビテブール(チーム代表)

「チームの観点から言えば非常に良い結果であり、F1復帰して以降では最も強力な結果のひとつだ。F1選手権の聖地であり、チームのホームレースのひとつであるこのシルバーストーンだったのがとりわけ良い。確かに、レース終盤にいくらかのポジションアップにつながる手助けがあったとはいえ、週末を通してチームが披露してきた非常に強力なパフォーマンスの価値が損なわれるべきではない。2台がトップ10入りした予選に向けて素晴らしい準備になったのに加え、レースでハードタイヤがどの程度持つかを確認する重要な学習としても、金曜日のフリー走行が十分良かった。今日は両ドライバーがポジションを得ようと力強いオープニングラップを走り、セーフティカー中に2台を呼んでハードに履き替えさせることにしたが、ピットクルーが最高の仕事をしてくれた。強力な信頼性もあり、今回のように波乱のレースになれば、それがとても重要になってくる。マシンが苦戦したサーキットでのレースを終え、シルバーストーンのレイアウトはこのマシンの長所も短所も露呈した。特に、高速コーナーに関しては直接のライバルに比べて弱いので、今後も取り組んでいかなければならない。進歩を遂げているとはいえ、直接的なライバルはもちろん、あらゆる環境におけるメルセデスの競争力レベルに負けてはいられない」

© ESPN Sports Media Ltd.